ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディマジオが「俺の打撃に似ている」と言った阪神の名打者は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年球団創設80年を迎えた名門・阪神タイガースでは、各時代にきら星のごとくスターが生まれた。1948年、まだ1リーグの時代に入団した後藤次男氏が語る。

「当時は『ダイナマイト打線』と呼ばれ、打率10傑にタイガースの選手が7人も名を連ねていた。私が1番を打って、3番別当(薫)さん、4番藤村(富美男)さん、5番土井垣(武)さんというオーダー。“物干し竿バット”でホームランを量産する藤村さんを筆頭に迫力がありましたね」

 藤村は「初代ミスター・タイガース」と称される大スター。後藤氏は物干し竿バットの誕生背景を知る人物だ。

「入団した時の平均のバットの長さは34インチだったが、藤村さんのものは38インチだった。私は藤村さんの影響で35インチから36インチに変えた。当時はシュートを投げる投手が多く、ベースから少し離れて打つのにいいかなと思ったから。広い甲子園では右にも打たないと打率が稼げず、長めのバットでインコースも流し打ちをした。結果的には正解でした。

 1949年には46本(当時の日本記録)打って本塁打王になった藤村さんだが、初めは長距離ヒッターじゃなかったんです。物干し竿打法を編み出したのは、私と一緒に入団した慶応ボーイの別当さんへの対抗心から。別当さんが大きなホームランを打つので、“大学出に負けてたまるか”とライバル意識からブン回しているうちにホームランバッターになってしまった(笑い)」

 迫力のある打線は本場・メジャーのスター選手も一目置いた。

「私は初球打ちが得意で三振も四球も少なかったし、ヒットはよく打ちました。臨時コーチで来日したディマジオ(ヤンキース)に『オレの打撃に似ている』とミートのうまさを褒められたんですよ(笑い)」(後藤氏)

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
中日のドラ1潰してきた背番号12 ドラ3田島が背負うことに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP