体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わずか一年で、世界中の「サンゴ礁」が大変なことになっています

American-Sa173487134moa-2-February-2015 (2)

いま、世界中の海でサンゴ礁の白化現象が懸念されている。海水温の上昇が引き起こすサンゴの死滅は、太平洋を西へ西へと移動中。モルディブやパラオなどダイビングのメッカだけでなく、ハワイのコーラルリーフにも危険が迫っている。

わずか一年、
進むサンゴの白化現象

American-Samoa-1-December-2014 American-Samoa-2-February-2015

まずは、この2枚の写真を見比べて欲しい。南太平洋ポリネシア地方、アメリカ領サモアの沖合で撮影されたもの。上が2014年12月の海の様子、下は今年2月の同地点だ。サンゴ白化の状況は一目瞭然。、わずか3ヵ月足らずのうちに、赤道付近の海にいったい、何が起きたのか?

米国海洋大気庁(NOAA)が発表したデータによると、記録的な海水温の上昇により、いま世界的にサンゴの死滅による白化が過去最悪のペースで進行中だという。
2014年夏、北太平洋アメリカ沿岸から始まったサンゴの白化現象は、ハワイ諸島周辺へと達し、さらに西へと進行。この夏には南インド洋にまで拡大しているとNOAAは警鐘を鳴らす。

2015年末までに
世界の約38%のサンゴが
死滅の危機にある

XL-Catlin-Seaview-Survey-American-Samoa-9

世界の海に生息する50万種の生き物のうち、およそ1/4がサンゴ礁で生息している。あらゆる生き物の住みかにもなれば、産卵場所にも。さらには海水のCO2濃度を調節し、バランスを取るのもサンゴの役割。つまりは、海洋生物の生態系のベースとなっているのがサンゴ礁なのだ。
じつは、地球規模でのサンゴ死滅の危機は今回で3回目。ただ、前2回と大きく異なる点があり、「この白化現象が一年以上に渡って継続し、さらに来年も続くことが予想されるから」だとする、NOAAサンゴ礁調査官Mark Eakin氏の報告を「Mashable」は紹介している。

XL-Catlin-Seaview-Survey-American-Samoa-6-copy

サンゴは軽度の白化であれば、年月をかけて回復することもできる。しかし、水温上昇が長期間に渡るほど白化は致命傷に。こうして、一度サンゴが死んでしまうと、サンゴ礁は急速に劣化を始め、やがて脆弱化して崩壊してしまう。海洋生物の生態系バランスが崩れるばかりか、海流や高波のバリアが欠損することによる、沿岸地域への影響も懸念されるところだ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。