体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の地ビールのブルワリーを見学!お気に入りの味を探しに行きませんか?

20151001地ビールブルワリー

個性的な味とデザイン性の高いラベルなどで、最近では女性にも人気のある地ビール。世界には数多くの有名な地ビールがありますが、ここ日本でも1994年の酒税法改正以来、全国各地に少量生産のビールメーカーが続々と誕生しました。現地に行かなくても、スーパーや通信販売で購入できる銘柄もあるので、いろいろ試して、とっておきの1本を見つけるのもおすすめです。

さて、そんな地ビールが美味しい秋の季節がやってきましたが、「やっぱり現地で、できたての地ビールが飲みたい!」って思っちゃいますよね。そんなあなたには、「ブルワリー(醸造所)」を訪ねてみることをオススメします。ビールの製造工程を見学するだけでなく、試飲や食事つきのコースがあるところもあるんです。

ということで、今回は、「見学もできる♪日本の美味しい地ビールブルワリー」をご紹介していきたいと思います。

小樽ビール 小樽倉庫No.1(北海道小樽市)

小樽ビールができるまでの不思議の旅へいってらっしゃい!

小樽ビール 小樽倉庫No.1(北海道小樽市)
小樽ビール発祥の地「小樽倉庫No.1」でこだわりの製法を知れば、あなたももう、小樽ビールのファンに!小樽ビール 小樽倉庫No.1(北海道小樽市)2
小樽倉庫No.1店内中央の仕込み釜は現役でバリバリ稼動しています。

小樽ビール 小樽倉庫No.1(北海道小樽市)3 (左から)最高級のホップを使った芳醇な香りが特徴のピルスナー/下面発酵でつくられた、ローストブラウンカラーのドンケル/上面発酵でつくられた、甘いバナナフレーバーが特徴のヴァイス(各318円 ※税込)

地元以外にもファンが多い、本場ドイツスタイルの「小樽ビール」のブルワリー&ビアパブ(ビアパブ併設のビール醸造所)。醸造所見学はなんと予約不要で、随時見学することができます。
ビール醸造に使用される本物の麦芽の試食から始まり、発酵する前の麦汁の試飲まで、ビールができるまでの不思議を体験しちゃいましょう。

そして、毎週木曜・土曜はプロスト!の日 営業時間内の3時間でなんとビール飲み放題!(予約不要 2,200円※税込)
ゆっくりと、たっぷりとビールを堪能することができます。

「小樽ビール」を味わい尽くせる、サービス精神たっぷりの醸造所見学。この秋、ぜひ体験したいですね。 小樽ビール 小樽倉庫No.1
※小樽ビールは醸造所が2箇所あります。今回は小樽運河沿いのビアパブ&ブルワリーをご紹介しています。
住所/〒047-0007 小樽市港町5-4
TEL/0134-21-2323
料金/醸造所見学 無料(予約不要)※11:10~30分ごとにスタート…見学は20分程度、季節により変更あり
営業時間/11:00~23:00
「小樽ビール 小樽倉庫No.1」の詳細はこちら

ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)

ヴィンテージな醸造所から生まれた樽ビールは、クラシカルなヨーロッパの味

ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)
赤レンガ造りの建物からは、古き佳きヨーロッパの伝統が匂い立ちます。ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)2
100歳以上にもなる仕込み釜。表面の淡いかがやき、その深い色合いが、長い歴史を雄弁に物語ります。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy