ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

両足のないネコが、車椅子で歩けるようになった瞬間(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」

生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディー。足が不自由なまま、森の中で9週間も生き抜いていたところを発見されました。

安楽死も考えた…
でも、「生きたい」をいう意思を
キャシディーから感じた

捨て猫の里親探しを手伝う、カナダのNPO団体「TinyKittens」。彼らが生後9週間のキャシディーを見つけた時は、大腸菌に感染していて瀕死の状態でした。

「生まれてからの9週間を生き抜いたのは本当に奇跡。最初は安楽死させることも考えたけど、生きたいという強い思いを感じた」と、TinyKittens代表のShelly Roche氏は言います。

マウンテンビュー動物病院で治療を行い、奇跡的に完治することとなったキャシディー。
さらに、後ろ足がなく歩けない彼を助けるために「ハンディキャップ・ペット・カナダ」が車椅子を製作しました。

車椅子で元気に歩く姿が
多くの感動を呼んだ

車椅子を使いながら自分の足で動けるようになったその姿はFacebookに投稿され、大きな話題となりました。

Bipawd #MiracleKitten Cassidy takes his first steps in his new wheelchair — totally unassisted. Just amazing. <3This tiny feral kitten lost both back legs when he was born, and somehow managed to survive for nine weeks in the forest. It is a medical miracle that he survived even a day with such severe injuries, let alone nine weeks. His little body had just about given out from starvation and infection by the time we rescued him, but he never gave up! Thanks to the team at Mountain View Veterinary Hospital for giving Cassidy the chance he fought so hard for, and to Andrew at HandicappedPetsCanada.com for making the tiniest wheelchair he’s ever made just so Cassidy wouldn’t have to wait to feel the wind in his glorious floof.And our heartfelt thanks to those who have donated for Cassidy’s medical expenses, sent supplies, made stump covers, shared posts and offered encouragement…. each of you has played a role in this tiny miracle! Watch Cassidy on our livestream, 24/7 at http://tinykittens.comMore about what we do: http://tinykittens.com/programs

Posted by Tinykittens on Saturday, September 26, 2015

現在、キャシディーの生活はTinyKittensのHPでライブ中継されています。元気に歩く姿が、多くの人を勇気づけているのです。

「例え捨て猫になったからといって、幸せに生きる権利はある。どんな命にも、等しく価値はあるんだよ」と、Roche氏は述べます。

Licensed material used with permission by TinyKittens

関連記事リンク(外部サイト)

殺処分を目前に、檻の中で抱き合う「2匹の犬」が全米で話題に
車椅子でも使える「ベビーカー」発明したのは、なんと高校生?
「ギャー」「アー」54億円の宝くじが当たった瞬間!(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP