ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKで反響 注射で治す「肩こり治療革命」驚きのメカニズム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚労省の国民生活基礎調査(2013年)によれば、肩こりの自覚症状がある日本人は約1179万人におよぶ。約1328万人の腰痛と並ぶ“国民病”であり、根治療法がないため“長いお付き合い”になる人が多い。そうした人の間で話題になっているのが、9月9日放送のNHK『ためしてガッテン』で放送された「ああ!首と肩がツライ 肩こり根治マニュアル」と題する特集だ。反響を呼んだのは注射で治す“画期的な治療法”だった。

 番組で紹介されたのは群馬県前橋市にある「木村ペインクリニック」だ。鍼灸院や整体などで肩こりが完治しなかった患者が噂を聞きつけて殺到しているという。

 番組では同クリニックの、こんな診察・治療が紹介された。木村裕明院長が診療室のベッドに横たわる患者の首筋から肩にかけて、エコーを当てる。筋肉の断面図が映し出されたエコー画像を木村院長と患者がベッド脇にあるモニターで一緒に確認。そのモニターには白い筋繊維が何本も映し出されているが、その中に1本うっすら青く光っている筋がある。

 ここで木村院長は注射器を手にして、「生理食塩水を入れますね」といって患者の肩口に注射。すると画面に映し出されていた青白く光る筋がみるみるうちに消えていったのだ。

 一見ただ注射を打つだけなのだが、木村院長の診察を受けた患者はいずれも番組内で驚きの効果を口にしている。

 男性患者の1人は施術後、それまで曲がらなかった首を左右に軽々と動かしながら、「全然違う」とつぶやいた。別の患者も「張りとかも違います。動きも楽です」(男性患者)、「劇的に良くなったのでびっくりしています」(女性患者)と語っている。

 モニター上の青白く光る筋が消える様子を見ていると、それまでのこりが“スッ”と落ちたような感覚になる。この「青白く光る筋」こそ、最新の研究で明らかになった、肩こりの真の原因である「筋膜」と呼ばれるものだ。

「筋膜」とは、筋肉を包む薄い膜のことを指す。人間の体には約600の筋肉があり、それぞれ数千から数万本といわれる筋繊維で構成される。そうしたひとつひとつの筋肉を包み束ねる役割を持つのが筋膜だ。人間の全身を覆い尽くすことから、「ボディスーツ」とも呼ばれる。木村院長はこう語る。

「最近の研究で肩こりや腰痛の原因となる“トリガーポイント(痛みを引き起こす箇所)”は筋膜にあることがわかってきました。特にエコー画像上、筋膜が厚く重なっている部分に高率に存在します」

 番組にも出演した首都大学東京健康福祉部・竹井仁教授(理学療法士・医学博士)が解説する。

「筋膜は肩こり対策としてほとんどの医師が見向きもしなかった部位です。彗星のごとく登場して大きな可能性を秘めていることから、整形外科の世界では“医学界のシンデレラ”と呼ばれています」

 肩こりは、同じ姿勢をとり続けたり、無理な姿勢で長時間パソコンに向かって仕事をすることで生まれる。筋肉が収縮した状態が続くと血流が悪くなり、そのうち筋肉そのものが固まってしまい、こりとなる。

 これまでの治療では固まった筋肉をほぐし、血流をよくするために、マッサージや指圧など「筋肉を揉む」ことが重視されてきた。

 仮に肩こりが「人生で一度だけの病」ならば、揉んで治すことも間違いとはいえない。しかし、ほとんどの人は肩こりに何年も苦しみ、その度に揉みほぐすというサイクルを重ねる。すると、筋膜に「しわ」ができてしまう。実はこの「しわ」こそが、いつまでも治らない肩こりの元凶だというのだ。

「筋膜は本来、どの部分も一定の密度ですが、それが特定の部分にギュッギュッと寄り集まると、その部分の水分が失われて粘着度が増します。つまり、なかなかほぐれなくなる。しつこい肩こりの多くはこれが原因だと思われます」(前出・竹井教授)

 要は、揉めば揉むほど、筋膜にしわが寄り、長期的な肩こりの原因を増長させる危険があるというのだ。それゆえ、元凶である筋膜の寄り集まって厚く重なった部分をきれいに伸ばさない限り、抜本的な解決にはならないというのだ。

 注射療法ではそれが可能となる。木村院長の考案した生理食塩水による「エコーガイド下腹膜リリース」は、この筋膜が厚く重なって癒着している部分に注射をする方法だ。

「筋膜の癒着している部分は、画像上、青白く帯状に見えます。この部分を生理食塩水で解放(リリース)すると、即座に痛みが改善します。この治療法は、生理食塩水を使うことから非常に安全です」(木村院長)

 ピンポイントで水を注入することで、失った水分を補い、縮んだ筋膜を伸ばすことができる。生理食塩水を使うのは、人間の身体の成分に最も近く、副作用の心配がないからだ。

 他にも利点がある。この治療法の特徴は、エコーを利用することで通常は見られないトリガーポイントを「可視化」できることだ。

「患者さんにも画像を見てもらうので、治療の効果を確認していただけます。筋膜リリースを受けるだけでは、また再発することがあります。そのため、日々の散歩やラジオ体操などの軽い運動が重要です」(木村院長)

 注射治療を応用し、鍼治療の分野でもエコーが使われ始めている。これまでは施術者が経験と“勘”でこりの場所を探知してきたが、エコーを使うことで筋膜が厚くなっている部位を確認し、ピンポイントで鍼を打てるようになっているという。

 今後はエコーを使った肩こり治療が常識となるかもしれない。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性に肩こりが多い理由 首から肩の筋肉に関係と専門医解説
肩こりチェックポイント 9個以上あったら慢性化してる恐れ
肩こり 裏に脳内出血や脳腫瘍といった病気が隠れている場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP