ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人モータージャーナリストが選ぶSUV・TOP3 第1位ランクル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。多くの美女にクルマを判定してもらってわかったのは、明らかにSUV(スポーツ多目的車のこと。古語で“ジープタイプ”)が人気である。今回は、その傾向と対策を練るために、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が美女モータージャーナリストの藤島知子さんを直撃、SUVベスト3を選んでもらった。

藤島:第3位はBMWのX4です。

清水:うわ、マニアック!

藤島:点数は80点。X4ってクーペの雰囲気があるし、走りがいいじゃないですか。走り好きな私にはそこがグッと来ます。乗り心地もいいし、遠くの温泉まで連れてってくれそう。『どうせなら九州くらいまで行かない?』って、こっちから誘っちゃいますよ(笑)

清水:男として燃えるね!(笑) じゃ第2位は。

藤島:レンジローバー・イヴォークです。90点かな。

清水:王道だね!

藤島:セレブな老舗旅館が似合いそう。これに乗るオジサマはオシャレなだけじゃなく、普段の生活からして洗練されていそうな気がします。

清水:イヴォークは洗練の極致だからね。その割に値段も高くない。

藤島:中古でも全然いいと思いますよ(笑)

清水:では、第1位は!?

藤島:トヨタのランドクルーザー70です。

清水:6月いっぱいで期間限定生産が終了したあの復刻版! もう中古でしか買えないけど、いぶし銀の魅力があるね。

藤島:これ、世界で最後まで生き残るクルマだと思うんですよ。

清水:ゴキブリのような生命力!?

藤島:基本が古いので、いま乗るとかなり乗りづらいんですけど、最高に頼り甲斐があるし、あれをうまく乗りこなすオジサマには野性を感じます。

清水:オッサンも時には野獣になる、ってやつだね!

藤島:女性はみんな、それを望んでいると思います(笑)

清水:ますます燃えてきた! ランクル70で秘湯へGOだ!

藤島:でも、テント泊とかは遠慮したいな~

清水:あくまで高級温泉旅館ね。専用露天風呂付きの。

藤島:ですね(笑)

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徳大寺有恒氏 ランドクルーザーは中高年ほどチャレンジすべし
徳大寺有恒氏 芸術の街で1500万円のベントレー買った過去
徳大寺有恒氏 ミニヴァンの車種が減少したのは「良いこと」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP