ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前作よりスケールアップした「ダイバージェント NEO」が公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年に公開されヒットとなった映画「ダイバージェント」の続編「ダイバージェント NEO」が10月16日に満を持して公開される。はるかにスケールアップした世界を驚異のビジュアルで描く。

5つの共同体に分かれ管理された未来都市で、この世界を支配しようとする陰謀に立ち向かう、異端の少女の闘いを描く近未来SFアクション!
主人公のトリスを演じるシャイリーン・ウッドリーは、ジョージ・クルーニーと共演した『ファミリー・ツリー』で数々の賞を受賞し、前作『ダイバージェント』、そして『きっと、星のせいじゃない。』の大ヒットで世界的に注目され今やトップスターの仲間入りをした若手女優。
その他、恋人のフォーを演じるのは英国イケメン俳優テオ・ジェームズ、敵となるジェニーン役にオスカー女優のケイト・ウインスレット、そしてナオミ・ワッツが物語の鍵を握る人物として登場するなど、映像のみでなく、キャストもグレードアップした。

<STORY>
全人類を性格で振り分け、【勇敢】【無欲】【高潔】【平和】【博学】という5つの共同体で管理される世界。その世界で危険視される【異端者=ダイバージェント】であることが分かり、命を狙われたトリス(シャイリーン・ウッドリー)。フォー(テオ・ジェームズ)と共に、宿敵である【博学】の権力者・ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)の手から逃れようとしていた。なぜ【博学】の指導者たちが【異端者】を排斥しようとするのか?今は亡きトリスの両親が命を懸けて守ろうとした「箱」の中に隠された秘密とは?家族や仲間を失った悪夢に苛まれながらも、愛する人々を守るため次々と襲いかかる困難に立ち向かうトリス。ジェニーンに奪われた「箱」の中には【異端者】とこの世界に関わる、驚愕の真実が待ち受けていた・・・。

■映画「ダイバージェント NEO」
出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、マギー・Q、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット
映画公開情報:10月16日(金)全国ロードショー
監督:ロベルト・シュヴェンケ
原作:ベロニカ・ロス「ダイバージェント2 叛乱者」(角川文庫)

映画「ダイバージェント NEO」 公式サイト
http://divergent.jp/

TM & ©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。