ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山P&石原さとみ共演の月9『5→9』は若い視聴者向け恋愛ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月12日スタートのフジテレビ系ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(毎週月曜夜9時)。ゼネラルプロデューサー・後藤博幸さんは、尾野真千子主演の月9ドラマ『極悪がんぼ』(2014年)を手掛けた。このドラマは、借金を背負った主人公が裏社会で奮闘していく物語を描き、放送当時は、異色の月9と騒がれた。

 それ以降、月9は時代モノ『信長協奏曲』、ホームドラマ『ようこそ、わが家へ』など、恋愛とは一線を画したドラマが続々と放送された。

 その流れをつくったひとりである後藤さんが今回手掛けるのは、石原さとみと山下智久の王道すぎるラブストーリーだ。

「『極悪がんぼ』は“月9を壊そう”がキャッチコピーでした。でも、やはりみんなが月9に求めているのは若い人たち向けの恋愛ドラマだと思ったんです。『恋仲』のように、みんなやっぱり月9を見てキュンキュンしたいと思うんですよ」

 山下は東大卒のイケメン僧侶役。王道に今っぽさをアレンジするのも月9流だ。

「今はバラエティーでもお寺をモチーフにした番組が人気ですよね。いわゆるお寺や僧侶がブームのようになっている今だからこそ、取り上げるべき題材ではないかと思っています」

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
春ドラマでかけもち多い理由 事務所とテレビ局の力関係崩壊
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
低視聴率 TBSは半沢病、フジはキャスティングありきで失敗

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP