ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画あり】ええっ!中華鍋でテクノ? 伊のストリート・ドラマーが格好良すぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ナベ、バケツ、廃材などを使い、次々とミニマルなビートを生み出してゆくパフォーマンスが世界で話題になっています。

このたび紹介するのは、ローマを拠点に活動するパーカッショニストのダリオ・ロッシ(Dario Rossi)さん。

『YouTube』では様々な映像を見つけることができますが、とりわけアムステルダムで撮影された迫力ある演奏はオススメです。格好良すぎる4つ打ちの高速16ビートを、ぜひご覧ください♪

Incredible street drummer Dario Rossi in Amsterdam
https://www.youtube.com/watch?v=6rqqKUYlmkA

速すぎて、腕の動きがよく分かりません(笑) 中華鍋などジャンクな道具と生身の人間からテクノっぽいビートが生まれるのですから、驚きです。Underworldの『Born Slippy』みたい?

ダリオ・ロッシさんは10歳からドラムの勉強をはじめました。


出典:Dario Rossi Street Drummer

フィレンツェで開催されたドラムスコンテストでは1位を獲得するなど実績のあるプロのミュージシャンです。


出典:Dario Rossi Street Drummer

彼の演奏には、音楽的に難しいテクニックが盛り込まれていることでしょう。でも、ミュージシャンではない筆者が聴いても、めちゃ楽しい気分になりましたよ。

Street drummer (Dario Rossi) in Brussels
https://www.youtube.com/watch?v=nq3H1CiUhR0

ロッシさんのパフォーマンスは、いつも黒山の人だかり。音楽の素晴らしさは感じることができれば、オッケーですよね〜♪

Dario Rossi Street Drummer
http://www.dariorossidrummer.com

参照元:『YouTube』

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 木村 邦彦) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP