ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高田純次 テキトーの陰に「2人の母」と「実家暮らしの娘」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地井武男さん(享年70)、加山雄三(78才)と2代続けて人気を博したテレビ朝日の散歩番組の3代目を務めることになった高田純次(68才)。随所に見せるテキトー男ぶりは期待を裏切らないが、その素顔は意外にも真面目。ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)で共演した寺尾聰(68才)は、テレビ番組のインタビューで高田をこう評したことがあった。

「クソ真面目って言ってもいいぐらい真面目な人。一時『無責任男』の看板背負っていた時代もあるけど、全然無責任じゃない」

 テキトー男の陰で、気遣いの人―─そんな高田の人柄は「2人の母」によって作られたという。

「高田さんは4才の頃に母親を亡くし、父親が再婚したんです。けれど、高田さんの祖母と継母の折り合いが悪く、幼い頃から彼はいわば板挟み状態。双方顔色を見なければいけなかったそうです」(高田の知人)

 嫁姑争いでは、高田の父はいつも継母の味方。高田は空気を読んで、祖母に寄り添うように。父や継母、きょうだいたちが外に出かけた時も、高田はひとり自宅に残って祖母と時間を過ごしていたという。

「高田さんと継母の仲は悪くない。ただ、気を使わせたら悪いからと、ある程度距離を置いていたんです。父親と継母との間には2人のお子さんもいましたからね」(前出・高田の知人)

 彼が女性に気を使う生活は昔も今も変わらないという。高田は26才の時に、当時日舞の師範だった1才年下の女性と結婚。現在38才と34才の2人の娘がいる。

「娘さんは今も2人とも実家暮らし。高田さんのもとから離れないんです。きっと居心地がいいんでしょうね(笑い)。娘さんに気を使ってか孫娘の面倒もよく見ていますよ。公園に連れていったりね。娘にも孫にも甘いみたい(笑い)」(近所の住人)

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『ひょうきん族』ブラックデビル 初回はさんまではなく高田純次
CMで注目高田純次 不透明な時代だから“テキトー”に高支持率
高田延彦「現在の自分はあえて『夢』を持っていない」の真意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP