ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneのディスプレイが「2つ」になるケース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。
シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i6。ケースの裏側が電子ペーパーになっており、iPhone6/6sに装着すると裏面に画面が表示されます。つまり、スマホの両面をディスプレイとして使用できるんです。例えば、こんな感じに。

プッシュ通知が
ケースの裏面で分かる

inkcase i6はBluetoothでつながり、特定のアプリや電子書籍、ホーム画面などを裏面に表示させます。メッセージやカレンダー、アプリからのプッシュ通知もディスプレイをオフにしたままで確認できるのです。

バッテリーの節約にも◎

ただ便利なだけでなく、画面をスリープ状態のままにしてプッシュ通知などが見えるため、無駄なバッテリー消費をおさえられるというメリットも。ケースには内臓のバッテリーが付いているため、iPhoneの電力は一切奪いません。

4.2ミリと薄い上に
衝撃からもしっかりガード

さらに厚さも4.2ミリと薄く、サイズも気になりません。ケース本来は保護機能としても十分に力を発揮し、背面を衝撃から守ってくれます。

裏面で
電子書籍が読める!


oaxis社のイチオシポイントがこれ。電子ペーパーなので、紙に近い形で読書を楽しめます。

inkcase i6の価格は、99米ドル(約12,000円)。事前予約はこちらからできます。新しいiPhone6ケースの有力候補にぜひ!

Licensed material used with permission by OAXIS Asia Pte Ltd

関連記事リンク(外部サイト)

燃料は塩と水だけ。フィリピンの山間部を照らす「サステイナブルライト」
1万円台で買える、手のひらサイズの「ドローン」
サッと拭くだけ!スマホが「防水・防傷」になる液体って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP