ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

報ステ出演・ショーンK 美声、知性備え、大人イケメン大本命

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年4月からの毎週木曜、『報道ステーション』(テレビ朝日系)にコメンテーターとして出演している、ショーン・マクアドール川上(47)、またの名をショーンK。レギュラーになって半年が経つが、同番組のコメンテーターとしては前例がないほどのイケメンぶりに「いったい何者?」と疑問を抱く視聴者もまだまだ多いだろう。

 日本人離れしたルックスとその名前から「ハーフ?」と思われがちだが、以前バラエティー番組に出演した際に本人が明かしたところによれば、彼の父親はアメリカ人と日本人のハーフ、母親は日本人と台湾人のハーフだという。生まれはアメリカのニューヨーク。11歳から高校卒業後までを日本で過ごし、大学に入学するため再びアメリカに渡っている。フランスに2年間滞在した経験もあるようだ。20年前に、アメリカで経営コンサルティング会社を設立。現在も本業は経営コンサルタントで、東京のみならず、ニューヨーク、パリなど世界7都市を拠点にしている。

 『報ステ』の出演を機に、一気に全国区となった感のあるショーンKだが、ラジオパーソナリティーを長年務めているほか、インテルのCM「インテル、入ってる」の声の主でもあり、「顔は知らないが声は聞いたことがある」という人が実は多い。また、朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)には2010年から出演している。

 数年前から『大人イケメンの時代が来る』と予見していたイケメン評論家の沖直実さんによれば、「主婦の間ではその頃からざわつき始めていた」のだという。

「近年、西島秀俊さんをはじめ40代の大人イケメンがブレイクしていましたが、ようやくその大本命が来たな、という感じです。顔もいいし、声もいい。そのうえ、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しているなど、知性的なところも魅力です。天は二物を与えずといいますが、いったい神様はいくつ与えているんだというくらい、たくさんの長所を持っています。

 今年になって盛り上がっているのは、朝の情報番組を観る時間のない働く女子たちが、『報ステ』でショーンさんの存在に気づき始めたからだと思います。『このイケメンは誰?』と気になる人も増えていて、ショーンさんが出演する木曜日の夜は、『Yahoo!検索』でショーンさんの名前が急上昇ワードになるくらいです。仕事で疲れて帰ってきた女子にとって、あの声と姿は一服の清涼剤。木曜日だけは『報ステ』を見る女子も結構います」

 非の打ち所がないように思えるショーンKだが、意外な弱点もある。コメンテーターとしてあのルックスはどうやらオーバースペックのようで、「イケメン過ぎて話の中身が入ってこない」という声が少なくないのだ。せっかくいいことを言っても、これではもったいない。

「視聴者が彼を見慣れてくれば自然にそういったことはなくなると思います。ショーンさんのコメント自体は、中立的でバランスが取れていて、視聴者目線でとてもわかりやすいんです。コンサルティングやラジオのパーソナリティーなどの仕事を通じて鍛えられた部分もあると思いますが、少年時代、日本とアメリカの間で言葉の壁に悩んだ時に、相手の心を知ろうとした経験が生きているのだと思います」(沖さん)

 アメリカの名門大学を卒業するなど、華麗なキャリアを歩んできたかに思えるショーンKだが、実は苦労の人でもある。苦労したのは言葉の違いだけではない。中学3年生の時、母親から多額の借金があることを告げられた彼は、高校に通うために住み込みで新聞配達のアルバイトを始めた。その給料で3年間の授業料を払っただけでなく、200万円を貯めてアメリカの大学に入学するための資金にもした。

「ショーンさんは苦労を経験したこともあって、弱い立場の人の気持ちをよく分かっています。だからコメントにも愛があります。そして20代の頃から世界を股にかけてビジネスをしてきたことで自信が備わっているのでしょう。司会者が怒りを表す場面でも、常に冷静に、落ち着いてコメントをしています。知れば知るほど遠い存在に思えてしまいますが、実は甘いものが好き、犬猫好き、空手が得意、モノマネもできるなど、親しみやすい一面もあります。今年はまだ皆さんが彼に気がつき始めた状態。来年は本格的なブレイクが来ると思います」(沖さん)

 確かにこんな素材が放っておかれるわけがない。すでに水面下では、ショーンK争奪戦が始まっているかも?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ジョーク】ビンラディンとカダフィが金正日を飲みに誘った
米のピザ配達員の人件費が安いのはチップ支払う習慣あるため
米の低レベル高校生、殺人事件が日常の街等をリポートした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。