ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五十肩や膝の慢性痛が2~3週で軽減 血管へのカテーテル治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 五十肩や膝痛、股関節や肘の痛みを抱え、鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず、日常生活に不便を感じている人は多い。これらの慢性痛の原因の一つとして、患部に発生した、ごく細い新生血管が作用していることがわかってきた。新生血管はレントゲンには映らず、血管造影しないとわからないため、今までは原因として考えられてこなかった。

 痛みと血管の関係について、研究している江戸川病院運動器カテーテルセンターの奥野祐次センター長に聞いた。

「私はもともと、がん治療に携わってきました。がん性疼痛(とうつう)患者のがんの部位には、微細な血管が発生しているので、そこにカテーテルという細い管から薬剤を入れて血管をつぶす治療を行なうと、痛みが楽になったという症例が数多くありました。がん以外の慢性痛でも、血管が関係しているのではないかと思い、肩や膝痛患者の患部を血管造影したところ、新生血管があることがわかりました」

 五十肩や膝痛などの患部は、長期にわたり炎症が起こっている。炎症は痛みの原因であるだけでなく、炎症が引き金になり、患部では血管が発生し、それとともに神経線維も増殖する。この増えた神経線維が、慢性痛の原因の一つになっているという。

 五十肩で夜間の痛みで不眠になっている男女16人を対象にカテーテルを挿入し、新生血管に直接薬剤を注射する臨床研究を行なった。全員が治療後4週までに痛みの程度は3分の1に減少し、治療後24週経過しても治療効果が持続している結果が得られた。これを受け、臨床でも500例以上に治療が始まっている。

 五十肩や膝の治療では、まず血管造影を行ない、痛みの発生部位である新生血管を特定する。そこに血管にダメージを与えるステロイドなどの薬剤を直接注射する。膝痛治療として従来から行なわれている膝関節内へのヒアルロン酸注射に比べ、はるかに高い効果が得られる。

「重症の五十肩のカテーテル治療は、カテーテルという軟らかく細いチューブを血管内に挿入し、痛みに関係する新生血管に薬剤を注入します。3本程度の血管に薬剤を注入すると、すぐに痛みが減少する方もいらっしゃいます。大半は2~3週間で痛みが軽減し、新生血管も消滅していきます」(奥野センター長)

 変形性膝関節症でも、軟骨のすり減りが軽度であれば、カテーテル治療で痛みが緩和される。しかし、軟骨がほぼ消滅し、骨同士がぶつかっている症例では痛みの緩和は難しく、他の膝治療を選択する。

 この治療で効果が期待できるのは、五十肩などの肩の痛み、股関節痛、肘痛、膝痛、手・足の痛みなどの長引く関節痛だ。注射による治療は保険診療が適用されるが、肩のカテーテル治療は自由診療で、1回約12万円となっている。カテーテル治療は、1回で効果が得られることが多い。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故・金子哲雄氏受けたがん先端治療「血管内治療」を医師解説
中高年の肩の痛み 四十肩でなく「肩腱板断裂」の可能性あり
重症な五十肩「拘縮肩」 治療は関節鏡を使用した手術が有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。