体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激安速報】吉野家で激安な焼酎をボトルキープしてみた! ボトルはスマホで管理(笑)

yoshinoya01

哺乳類の牛の肉、いわゆる牛肉を砕き、タマネギと煮込んだ成果物を、穀物の白米を炊いて柔らかくした物にのせ、牛丼という名で販売している『吉野家』が、一部店舗で焼酎のボトルキープを始めたのをご存知だろうか? 大々的にニュースで報じられたので、知っている人もいるはず。

・焼酎のボトルキープ(グラス10杯分)
吉野家は一部店舗で居酒屋のようなサービス『吉呑み』を展開しており、牛丼を食べながら酒を楽しむことができる。その『吉呑み』実施店の一部店舗で、焼酎のボトルキープ(グラス10杯分)を2000円で開始したのである。

yoshinoya005 yoshinoya006

・実際に吉野家で焼酎をボトルキープ
本来は10杯飲むと3000円するが、ボトルキープした場合は2000円で飲めるのである。1000円もお得なのだから、よく吉野家に通う人にとって嬉しいサービスである。そこで今回、実際に吉野家で焼酎をボトルキープしてみた。

・『KeepService EPARK』をダウンロード
店員にボトルキープしたいことを告げると、まずはボトルキープをするためのスマホアプリのダウンロードをお願いされた。iPhoneアプリ『KeepService EPARK』をダウンロードしてインストール。画面に「生ビール10杯3500円」と「焼酎10杯3000円」が表示されるので、購入したいほうを選択。今回は焼酎を購入。

・iPadで読み取って会計をする
購入ボタンをタップするとQRコードが表示されるので、店員を呼ぶと、iPadで読み取って会計をする。スマホで決済するのかと思いきや、店員に直接2000円を渡す形式だった。

yoshinoya003 yoshinoya004 yoshinoya001

・本当にボトルキープしているように感じる
あとは食べたい料理と一緒に焼酎を注文するだけ。会計時にスマホ画面を見せて、焼酎を飲んだ杯数だけ割引すされる仕組みだ。

スマホアプリにはしっかり焼酎の画像が表示されており、電子ボトルキープとはいえ、本当にボトルキープしているように感じるのが嬉しい。

yoshinoya002 yoshinoya02 yoshinoya01
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy