ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Micromax、CyanogenOSスマートフォン「YU Yuphoria」をAOSP版にして改めて発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの Micromax が今年 5 月に CyanogenOS を搭載して発売した「YU Yuphoria」の AOSP 版を発売しました。CyanogenOS 版 Yuphoria は 6,999 ルピー(約 13,000 円)で販売されていますが、今回の AOSP 版はほぼ素の Android 5.1 を搭載しており、500 ルピー安い値段で販売されています。YU ブランドは CyanogenOS を搭載するところが大きな特徴です。ではなぜそれをやめたのでしょうか・・・。ただ、Cyanogen 自身は Micromax との提携終了を否定しています。Yuphoria は 5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したエントリレベルの機種。このほか、2GB RAM、16GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,230mAh バッテリーを搭載しています。Yuphoria には 45 分間の充電でバッテリーを 65% 充電できる急速充電機能も搭載しています。Source : Amazon

■関連記事
ChromecastのiOSアプリがアップデート、アイコンやアプリUIがリニューアル
HTC Americaの社長、月1のセキュリティアップデートは「非現実的」
Moto X Force(XT1581)が中国で認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。