ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華キャスト再集結!「図書館戦争 THE LAST MISSION」が10月10日から公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年4月27日(土)に公開され、興行収入17.2億円のスマッシュヒット作品となった「図書館戦争」。公開後もファンからの続編を希望する声が相次ぎ、2015年10月10日(土)に「図書館戦争 THE LAST MISSION」としてスクリーンに帰ってくる!

今回、続編を製作するにあたり、チーム「図書館戦争」が再結集! 主人公の図書隊のエリート隊員で、新人を厳しく鍛える鬼教官・堂上篤(どうじょうあつし)役には演技もアクションもできる本格派俳優としてますます活躍の場を広げる岡田准一。本作のヒロインであり、高校時代に自分を助けてくれた図書隊員に憧れ、図書隊に入隊した新人女子隊員・笠原郁(かさはらいく)役には女優・榮倉奈々。原作ファンから “実写化するならこのキャストで!” と熱望された、岡田×榮倉の最強タッグが再び実現する。

共演陣も前作から引き続き、堂上の同期であり、関東図書隊屈指の理論派、笑う正論・小牧幹久(こまきみきひさ)役に田中圭、笠原の同期の新人No.1のエリート隊員・手塚光(てづかひかる)役に福士蒼汰、笠原と同部屋でよき理解者でもある柴崎麻子(しばさきあさこ)役に栗山千明。本作のメガホンをとるのも当然、前作と同じ佐藤信介といったチーム「図書館戦争」が勢ぞろいし、続編映画を前作以上に盛り上げる。

さらに、「図書館戦争 THE LAST MISSION」に合流する、豪華新キャスト陣も決定! 福士蒼汰演じる図書隊のタスクフォース手塚光の兄で、榮倉奈々演じる郁に近寄る謎の男性、手塚慧役に、今や人気、実力ともにトップクラスの俳優となっている松坂桃李、田中圭演じる小牧幹久の幼馴染であり、聴覚障害がありながらも意志の強い女性、中澤毬江役には話題の期待の若手女優・土屋太鳳が演じる。前作から続投する豪華キャスト陣に加え、今の映像界で注目を集めるフレッシュな若手キャスト陣が結集し、前作よりもはるかにスケールアップして帰ってくる「図書館戦争」がまちきれない!

【ストーリー】
「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧幹久(田中圭)、同期の手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)らと厳しい訓練と図書館業務の日々を過ごしていた。

そんなある日、堂上ら図書隊にある指令が下る。それはこの世に1冊しか現存しない "自由の象徴" 「図書館法規要覧」の一般展示が行われる “芸術の祭典” 会場の警備。一見簡単な任務に思えたが、実は、図書隊を解散させる事で歪んだ社会を正しくしようと考えている、手塚の兄・慧(さとし・松坂桃李)がタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった――。
手塚慧の狙い通り、検閲実行部隊「良化隊」による急襲を受け、成す術もなく1人、また1人と凶弾に倒れていくタスクフォース達。

堂上たちは無事に本を、仲間たちを守り切れるのか?! いま命運をかけ、図書隊が史上最大の戦い “LAST MISSION” に挑む!!

■映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」
公開日:2015年10月10日(日)
公開:全国東宝系にてロードショー

<出演者>
岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰
栗山千明(特別出演) 石坂浩二 他

監督:佐藤信介
原作:有川浩(角川文庫)

「図書館戦争」公式サイト
www.toshokan-sensou-movie.com

(C)2015“Library Wars -LM-” Movie Project

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP