体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第88回アカデミー賞、視覚効果賞は『スター・ウォーズ』『ジュラシック・ワールド』『オデッセイ』に注目

starwars-the-walk-jurassic-world

2016年に開催される第88回アカデミー賞の視覚効果賞は、例年同様に、夏に公開された超大作映画や、自宅での映画鑑賞の流れに歯止めをかけるような驚くべき視覚効果や劇場ならではの視覚体験ができる一流の作品の数々での賞レースになっている。アカデミー賞にむけて熱くなるこの時期になると受賞候補作品の名前があがってくるので、本紙ヴァラエティが、第88回アカデミー賞のマイナー10部門について週間で分析していくことにしよう。

まず、リストのトップには、9月最終週末のニューヨーク映画祭で初公開され大きな波紋を呼んだロバート・ゼメキス監督の『ザ・ウォーク』が入るべきだろう。スーパーバイザーに『フライト』で視覚効果監修を務めたケヴィン・ベイリーを迎え、視覚効果スタジオのアトミック・フィクションのチームが制作した映像は、最終的にアカデミー賞を獲得する脅威となるかもしれない。最初の2カットのトーンがあまり評判が良くなかったが、誰もが納得する素晴らしいフィナーレだった。

ロバート・ゼメキス監督作『ザ・ウォーク』しかり、リドリー・スコット監督の『オデッセイ』も評判の高い娯楽映画だ。興味深いことに、両作品の米公開日はちょうど1週間違いだ。スコット監督と『プロメテウス』や『X-MEN:フューチャー&パスト』で過去に2度アカデミー賞ノミネートされたリチャード・スタマーズが率いるチームは、マット・デイモン演じる遭難した宇宙飛行士と火星にいるような感覚以上の視覚効果を観客にもたらした。作品には非常に凝った詳細な映像がふんだんに盛り込まれている。完璧な3D映像が施され(スコット監督は、撮影終了後に3D変換するよりも、3Dカメラでの撮影を好む数少ない監督)、今アカデミー賞シーズンのラインナップ作品の中で最も美しい映像作品となっている。

アカデミー賞の視覚効果賞は、『スター・ウォーズ』シリーズ1作目『スター・ウォーズ』に始まり、2005年公開の6作目『スター・ウォーズ エピソードⅢ/シスの復讐』を除く全ての作品に与えられている。考えるまでもなく、これから公開となるJ・J・エイブラムス監督のシリーズ7作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も受賞候補作となるだろう。例え、今までの受賞がアカデミー賞受賞候補のライバル作がなかったからだとしても、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は特別に、『スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲』や『スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還』に敬意を払って特別名誉賞を捧げるだろう。過去3度アカデミー賞にノミネートされ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のスーパーバイザーを務めるロジャー・ガイエット(『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『スター・トレック』、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』にてノミネート)は、視覚効果にとって最高の環境と言えるILM(インダストリアル・ライト&マジック)チームを率いている。コンピュータグラフィックスを素晴らしい技術で実践的な視覚効果に組み合わせることに集中している点が、視覚効果賞を受賞するポイントになるだろう。

『ローン・レンジャー』でアカデミー賞にノミネートされたティム・アレクサンダーが、今夏の大ヒット作『ジュラシック・ワールド』で視覚効果アドバイザーを務めた。バンクーバーからデンマークに至るまで売り込みを行い、ILMは、20年近くアカデミー賞から遠ざかっているこの『ジュラシック・パーク』シリーズに息を吹き込ませようとした。また、アレクサンダー率いるチームは、『ジュラシック・パーク』でアカデミー賞を獲得したデニス・ミューレン、スタン・ウィンストンといった巨匠の足跡を継いだ。今年の興行収入1位の作品を認めないというのは難しいだろう。

『ジュラシック・ワールド』は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の米国での興行収入をついに追い抜いた。『アベンジャーズ』の視覚効果部門のアーティストたちこそが唯一のスーパーヒーローチームだと声を出して言えるほど、シリーズの続編にふさわしい出来だったが、目新しさが無くなってきたかもしれない。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のありあまる視覚効果は、この業界で働く人たちにとってさえ過剰だったのではないだろうか。もしくは、ウルトロンのようなキャラクターが登場するだけで気に入られるには十分ではなかっただろうか。今年、ILMでは多くのスタッフたちが各プロジェクトで働いており、そういったスタッフたちを集めてどんな作品ができるのかも興味深いところだ(マーベル・スタジオの『アントマン』も混合チームによる作品)。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy