ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルコールと砂糖を1ヶ月断った男性に起こった身体の変化(実験動画)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康を維持するために控えるべき代表的なものと言えば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか? 体当たりでこの実験に挑んだのは、オランダ人青年のSachaさん。“糖分ゼロ生活”が彼をどう変えていったのか。その一部始終を紹介した動画です。

まずはメディカルチェックと
食品の選別から…

Sachaさんは1ヶ月の間、加糖はもちろん、人口甘味料も、加工食品もさらにはアルコールも一切口にしないと公言し、極限まで自然に近いヘルシーな食生活を実践することにしました。

まずはスタート前に、スポーツセンターで専門家によるメディカルチェックを。運動能力、血圧、心肺機能、心電図、そして血液の健康状態を検査。中肉中背の健康的な20代という診断結果が出ました。

次は食事です。スーパーマーケットで売られているものから、Sachaさんが口にできるもの、できないものを選別していきました。例えば、市販のアイスティー(加糖)には、およそ角砂糖10個分が。トマトスープにも、サテーソースにも。そう、ほとんどの食品には、なんらかの形で糖分が加えられているのです。

こうして、食品を選別したSachaさんは、野菜、果物、卵、ヨーグルトを中心にした献立を選択。いざ、ヘルシー生活をはじめました。
ところが、数日もしないうちに、ある数値だけが異常に高くなってきたことに気付きます。コレスレロール値だけ、他の値に比べて上がってきたのです。なぜ? まだ4日目だというのに、「何だか先が思いやられる」とグチをこぼす始末。早々にチャレンジは断念か?

イライラの原因は
糖分不足だった!

ファストフードに炭酸飲料、誘惑は街のいたるところに。必死に我慢を続けるSachaさんですが、カメラの前では本音もちらり。

「こんなにも過酷なチャレンジだと考えてもいなかったよ。あんまり気分が良くないんだ。どんどん怒りっぽくなっていて、周りの人に迷惑がかかっている気がするんだよね」

デート中ももちろん水だけ。一方Sachaさんの彼女はビールにポップコーン。これは、キツイ!

チャレンジ中盤、Sachaさんは砂糖やアルコールを抜いた食習慣がどう、人間の身体に影響を及ぼすのかを栄養学の観点から探るため、栄養士のMarlou Bosma氏の元を訪れます。彼女は砂糖不足の影響をこう伝えました。

「糖分を取らなくなると、身体が無意識のうちに欲してたまらなくなるでしょう。血糖値は上昇し、それを下げようとインスリンがどんどん働きます。すると、身体はもっともっと甘いものを欲する。この悪循環が生まれるのです」

さらには、砂糖もアルコールもビタミンを求め、それにより身体はどんどん脱水状態になり疲れやすくなると、 Bosma氏。ただし、これもつかの間で、次第に糖分やアルコール、加工食品を受け付けない身体へとフィットしていくんだそう。

人間は結局、何を食べて生きることが大切なのか? Sachaさんの質問に専門家は、野菜、果物、食物繊維の多いパン、不飽和脂肪の食物を例にあげました。なかでも、不飽和脂肪は「健康的な身体づくりには欠かせない」とBosma氏。代表的な食材にオリーブオイル、イワシやさんま、サバなどに代表される青魚、ナッツ類など。さらには、ほどほどのお酒もOKだとか。つまり、スナックもワインも食べることは問題なく、要するにバランスが取れているか否か、その重要性をSachaさんに説きました。

「甘いものを欲しくなくなった」
そして1ヶ月後…
数字が示す身体の変化

チャレンジ終盤の25日目、すでに甘いものを身体が欲しなくなったと語るSachaさん。早起きも苦ではなくなり、朝から力がみなぎるようになった。それが、最も自分の身体に起きた大きな変化だと感じているようです。

こうして1ヶ月後、再びスポーツセンターを訪れた彼の身体は、どのような変化を見せていたのでしょう?結果がこちら。ひと月前(VOOR)に比べ、81キロあった体重は77.4キロに減少。血圧は135から125へ。コレステロール値も8%減少し、血糖値もかなり低くなったことがわかります。

最後にSachaさんは、この1ヶ月間を振り返り、最初こそキツかったものの、次第に「甘いものが食べたい!」という欲求も消え去り、体調はすこぶる良かったと語ります。「じゃあ、このまま続ける?」の質問に、「いまは、チョコバーとビールで自分を祝いたい」と正直な気持ちを語りました。

糖分不足による精神的なイライラを超えてしまうと逆に、身体が甘いものを受け付けなる。栄養士が言うようにバランスが大切なのは、言わずもがなでしょうが、普段の食生活を省みると、私たちは糖分過多なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by  Eric Hensel

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカでは、お肉の代わりに「ギリシャヨーグルト」が給食にでるらしい・・・
ダイエット中でも安心!話題の「チアシード」でひんやり夏のデザートレシピ
【医学博士推奨!】健康的な体重にするための「7つのポイント」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP