ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京神保町の古書店 島崎藤村の直筆原稿を1000万円で販売中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 約160店の古書店が集まるなど、「世界一の本の街」と呼ばれる東京・神田神保町。そこには古今東西、様々なジャンルの本が揃う。普段は店頭に並ばない「お宝本」を巡った。

 ここで紹介するのは、島崎藤村『戦争と巴里』の原稿だ。価格は1000万円(税込)となっている(八木書店)。

 大正3年にフランスから東京朝日新聞に送った現地レポート「佛蘭西だより」内の19回分(一部欠)。200詰原稿用紙153枚となっている。

撮影■伊藤勝

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
谷崎潤一郎の自家用箋88枚の小説完全原稿 古書店で480万円
神保町古書店の『吾輩ハ猫デアル』初版本 上中下3冊350万円
戦前の朝日新聞 妻を「譲渡」「2年間貸す」等の記事が存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP