ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK『あさが来た』は「役者を楽しむ朝ドラ」になる予感あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今回の朝ドラの出来はどうか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏の現時点での答えは「期待できる」というものだった。

 * * *
 NHK連続テレビ小説『あさが来た』が、いよいよスタート。第1週目の平均視聴率は20.3%と、まずまずの好発進とか。前作の『まれ』は、正直に言って、毎朝見続けることが辛かった。脚本も演出も役者も、ほころびばかりが目に入ってきてしまい、ほとほと困った。それだけに、後に続く作品は何を見てもほっとしてしまう。そんな「皮肉な」アドバンテージも、無くはない。

 とはいえ、『あさが来た』が持つ独自の魅力もじわりと伝わってくる。これから半年間、どんな風にその魅力を見せ続けてくれるだろうか? 途中で低空飛行に陥ることなく、視聴者を引っ張り続けてくれるか? この作品が期待できるドラマである理由を3つ、あげてみたい。

●理由その1 主役の安定感と輝き 

 ヒロイン・あさを演じている波瑠は24歳。若い女性特有のキラキラした瞳、活気、透明感がある。でも、面白さはそれだけではない。一人の人間の中に、いくつもの異なる要素が潜んでいそうなのだ。

 どこか腰を据えたような骨太さ、強さといったものを感じる。同時に、自分を突き放して見ているような、クールさも。もしそうだとすれば、長丁場のドラマでは利点になるに違いない。役者にとって、「多面体である」ことは、才能そのものだから。

 実は、波瑠は過去に『あまちゃん』『純と愛』など3回朝ドラのオーディションを受けて、落ち続けた人らしい。しかし芸能界入りは中学1年生。キャリアは長く、脇役やちょい役での出演作品も多い。いわゆる下積み時代に辛酸をなめてきたからなのか? 「自分なんてなんぼのもの」という、こだわりを軽やかに捨てる姿勢を身に付けたのかもしれない。

 何と言っても、彼女のプロフィールが面白すぎる。趣味は「風呂」、座右の銘は「一視同仁」。若者らしくない(?)そうした不思議な一面も、このドラマにおいてはプラスに作用するはず。なにせ主役・あさのモデルとなった実在の人物「広岡浅子」は、一筋縄ではいかない女傑だから。

 大阪有数の両替商に嫁ぎ、激動の時代に稀有な女性実業家となり炭坑事業で成功、日本初の女子大学設立、生命保険会社を起業という破天荒な人。そんなオンナの生き様を演じるには、相当な力量が必要。多面的な感性と幅を持つ波瑠に、思い切り暴れてほしい。

●理由その2 バランスのよいキャスティング

 では、主役以外の役者たちはどうだろうか? はるの許嫁・白岡新次郎を演じる玉木宏。その演技が光っている。主人公とはかけ離れた年上の、両替商家のボンボン。そうした人物像をしっかりと把握し、ゆったりと落ち付いて描き出している。

 姉・はつを演じる宮﨑あおいは、目の動きと横顔だけで演技する巧さ。はつとあさ、静と動。姉妹の対照をきちっと見せてくれている。頑固な父・忠興には升毅、柔らかな母・梨江に寺島しのぶ。そして柄本佑、萬田久子……主人公を取り巻く人物たちが実に多彩だ。一人一人違う味わいのキャラクターを、それぞれの役者たちがくっきりと際立たせている。視聴者は、そのバリエーションを眺めつつ、ドラマの世界を楽しむことができる。

 バランスの好いキャスティング・配置は、偶然には生まれない。演出側が意図した成果だ。となれば今後の長い展開の中でも、力ある個性的役者が適材適所で登場してくるはず。今回はぜひ、「役者を楽しむ朝ドラ」になってほしい。

●理由その3 幕末から明治の時代に、町人の暮らしを描く

 朝ドラでは初めて、幕末から物語がスタートした、と話題。たしかに、これまで幕末を扱うドラマといえば、たいてい大河ドラマで登場人物は幕末の志士がお定まり。時々、思い出したように女主人公が現れるけれど、『花燃ゆ』を見ればわかるように、維新と志士があってこその物語になりがち。

 しかし、今回の朝ドラは違う。そうしたお定まりのフレームから脱して、「町人」枠へとシフト。着物にそろばん、裁縫に輿入れ……幕末の町人の暮らしのディテイルが、実に新鮮だ。

 当然ながら「激動の時代」を生きたのは志士たちだけではない。あさが嫁ぐ両替商は証文が紙きれ同然になるなど、商業の混乱ぶりも生半可ではなかった。「幕府」と「倒幕派(後の新政府)」、どちらについたかで、商人たちの明暗もくっきり分かれたという。と、商人の暮らしから、いくらでも紡ぎ出せるドラマツルギー。

「戦い」に偏りがちだったこの時代のドラマに、喝と活を入れる脚本。その意味でも『あさが来た』に大いに期待したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『あさイチ』の「朝ドラ受け」誕生の経緯を井ノ原快彦が解説
朝ドラ新ヒロイン波留 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
『あさが来た』出演の辰巳琢郎 「朝ドラはぼくにとって故郷」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。