ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さんま&カトパン 人気舞台にツーショットで駆け込みに騒然

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、日本でいちばんチケットが取れない劇団の1つといわれるのは、大泉洋(42才)を中心とする5人組の演劇ユニット『TEAM NACS』。その3年ぶりとなる公演『悪童』が9月初旬、東京・六本木の舞台で上演されていた。

 お昼公演の幕が上がる午後2時。客席が暗転する直前に一組のカップルが駆け込んで着席した。その2人に会場はザワついた。明石家さんま(60才)とフジテレビの加藤綾子アナ(30才)のツーショットだったからだ。

「堂々と関係者席に座っていればそこまで驚きませんが、2人揃ってギリギリに入ってきたっていうから、人目を避ける仲なのかなとか、倍の年の差の2人だけど、もしかして…とかいろいろな想像をしてしまいました」(居合わせた観客)

 さんまとカトパンの仲の良さは知られるところ。もともと、さんまはカトパンが大のお気に入りで、2009年に『ホンマでっか!?TV』がゴールデンに進出した際に、さんまの意向でカトパンをアシスタントに指名したといわれる。

「さんまさんは、毎週収録でカトパンに会えるのが本当に楽しみなようです。番組トークでは“大好き”なんて告白してはカトパンに笑顔で受け流されていますが、舞台裏ではけっこうマジ。ちょいちょい彼女を誘い出そうとして、最近、ようやくデートにこぎつけたようなんです」(テレビ局関係者)

 一時は志村けん(65才)やとんねるずの石橋貴明(53才)もカトパンゲットに名乗りを上げていたが、ここにきてさんまが大きく差を広げた?

 舞台が終わった後は、到着時とはうってかわって2人は堂々と席を立ちロビーへ。と思ったら、そこでフジテレビの笠井信輔アナ(52才)と永島優美アナ(23才)が合流。どうやらこの日はツーショットデートではなかったようだ。

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り
フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に
「さんまの覚えめでたい女子アナが大成」説 今年はカトパン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP