ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木宗男氏 「説明責任」という言葉が無責任を生む皮肉を指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、嫌~な日本語がやたらと使われている。新党大地代表の鈴木宗男氏は、そのひとつとして「説明責任」を挙げる。いったいなぜなのか。鈴木氏が、金銭トラブルを起こした衆議院議員や東京五輪エンブレム騒動を例に解説する。

 * * *
 政治家やマスコミがよく使う言葉に「説明責任」というものがある。いかにも政治家としての責任を問う一見まっとうな言葉だが、最近では乱用されて「責任逃れ」の手段になってきた。

 民主主義国家では、政治家はもちろんのこと、誰にでも「説明」しながら仕事を進める責任があるのは言わずもがな、当たり前のことだ。ところが現在、なにか不祥事が起きると追及する側もされる側も、「説明責任」などと仰々しく飾り立てる。未公開株をめぐる金銭トラブルで自民党を離党した武藤貴也代議士のケースを例にとろう。

 安倍晋三首相は国会で武藤氏のスキャンダルについて問われ「党から、本人に『しっかり説明責任を果たすように』と指示した」「政治家として、しっかり説明責任を果たすべき」と語った。

 これは党として、組織としての「責任」を放棄している。

 武藤氏を公募で選び国会議員にしたのは党の責任だ。それなのに安倍首相は武藤氏個人に説明させて逃げている。本来なら、自民党は彼が提出した離党届をすぐ受理せず「預かり」にとどめ、本人から事実関係を聞くべきだったのではないか。場合によっては刑事告発もありうる。それが組織の国民に対する責任の取り方だ。

「説明責任」という言葉は、個人に「責任転嫁」する魔法の言葉として使われているのである。

 では説明責任を求められた武藤氏はなにをしたか。会見を開き、「私自身の説明責任を果たしていきたい」と繰り返した。

 前述した通り、説明するのは当たり前のことで、スタート地点にすぎない。政治家には「自ら役職を辞する」「議員辞職」などいろいろな責任の取り方があるが、「責任を取って説明いたします」ということは責任を果たしたことにはならない。

「説明責任」の一語のおかげで、それがすべて曖昧になってしまっている。「責任をはぐらかす」ために使われているのだ。メディアも印籠のように「説明責任を果たせ」と叫ぶことで、かえって責任転嫁、責任放棄しやすい環境を整えてしまっている。

 結局、党も本人もけじめをつけず、このまま武藤氏は解散まで国民の税金でのうのうと暮らしていくのではないか。東京五輪のエンブレム問題もそうだ。佐野研二郎氏の「説明責任」は当然だが、本来は選んだ審査委員会の「責任」が問われてしかるべきではないか。

 私の記憶の範囲で言えば、「説明責任」が声高に言われ出したのは小泉政権の頃からだったと思う。弱肉強食の新自由主義路線へと舵が切られ、個人主義の風潮が跋扈した結果、組織としての責任が軽視されていった。その結果、「本人が説明さえすれば一丁上がり」という状況が生まれてしまった。

 よく考えていただきたい。「説明責任」は「無責任」を生むという皮肉な結果になっているのである。

写真■共同通信社

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新聞記者 会見内容をそのまま大量送稿すると上司の覚え良い
小渕優子氏 禊が済んだのか選挙戦序盤の涙から余裕の笑顔に
小沢一郎氏への批判 無罪なら名誉毀損もおかしくないレベル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。