ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

E-girls内に格差?ファン怒りの声

DATE:
  • ガジェット通信を≫


E-girlsの公式サイトで10月7日、E-girlsとFlowerのメンバー・市來杏香(18歳)が同グループおよび芸能界から引退、E-girlsとDreamのメンバー・Erie(28歳)がパフォーマーとしてではなく、DJの道を追求すると発表。ファンの間に波紋を広げている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

市來は、「『市來杏香』という一人の女の子としての人生を歩みたい」とコメント。Erieは「Dream、E-girlsのメンバーがそれぞれのグループでの活動以外でも頑張っている中、自分もグループの枠を超えて、自分の活動を確立したい」とし、本物のDJとして認められる存在を真剣に目指す構えを明らかにした。

E-girlsは2011年4月に26人体制で活動を開始したガールズ・エンタテインメント・プロジェクト。2015年1月に発表された新組織体制によると、「E-girls Pyramid」という組織の頂点に「E-girls」が位置づけられ、その下にE-girlsグループとして「Dream」「Happiness」「Flower」があるという。また、育成・修業の場として高校生以上のメンバーからなる「Rabbits」、中学生以下のメンバーによる「Bunnies」という2つの下部組織が誕生。これにあわせてE-girlsは26人体制から20人体制になり、メンバーは毎年見直す方針になった。

Erie はグループに残るが、市來は活動を完全に終了する。これはE-girls全体では11人目、Flowerでは、2013年10月の水野絵梨奈、2014年10月の武藤千春に続き、3人目の脱退となる。ツイッターには、

「もう選抜制にした意味がわからん
新体制になってきょた(※市來のこと)がE-girls歌ってるの
聞いてないって
ってかたぶんボーカル全員のやつ以外
1回も見てない…
E-girlsで歌ってるきょたを」

など、Flower結成当初はボーカルも務めていたにもかかわらず、以降は歌うパートが少なくなって埋もれていった市來を例に挙げて、メンバー内の“格差”があるのではという指摘があがるほか、

「選抜とか脱退とかE-girlsおかしいで
最近。昔のE-girls戻ってきて。。」
「どんどん減ってくE-girls。
どんどん減ってくFlower
選抜制のE-girls
みんなが辛くなるE-girls
そんなん誰も求めてない
昔のE-girlsはどこですか」

など、“もうこれ以上メンバーが減っていくのを見たくない”という悲鳴のような声が多数投稿されている。リーダーのAyaは「メンバーだからこその決断を尊重したい…」としているが、ファンにとっては、グループの今後を心配する気持ちが大きいようだ。
(花賀 太)
(R25編集部)

E-girls内に格差?ファン怒りの声はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

Ami炎上で株を上げた嫌われ芸人
人気のEDMフェスで絶叫イベント
海外ウケしそうなアイドル1位は?
オリコン「正常化」改革は十分か?
AKB新曲「誰が誰かわからん」の声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP