ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー、離婚後に4500万ドルで自宅を売却か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Ben Affleck Jennifer Garner Mansion for

ベン・アフレックとジェニファー・ガーナーがロサンゼルス屈指の仲介業者を密かに雇い、サンタモニカ北側のパシフィック・パリセーズに建てられたハリウッドでもお墨付きの邸宅を4500万ドル前後で売りに出すようだ。プラチナム・トライアングル不動産の内部関係者であるピーター・プロパティーセラーから本紙ヴァラエティが確認した。彼らが離婚寸前であることを考えると、決して驚くべきことではない。

この話題は2015年10月6日号の本紙ヴァラエティに最初に掲載されている。購読はこちら。

ピーターはさらに、メディア王の御曹司ラクラン・マードックがオファーに応じて内見に訪れたが、話を進めなかったと語った。マードックは米21世紀フォックスのエグゼクティブ・チェアマンで、ニューズ・コーポレーションの共同チェアマンに新たに任命されている。

3エーカー以上の土地に建てられたその屋敷は、ゲートに閉ざされ、パパラッチを寄せ付けないプライバシーの守られた長い並木道の奥に建ち、自動開閉扉付きの牧場様式の母屋を擁する。その母屋は1930年代後半に有名な建築家クリフ・メイによって手がけられ、1940年代後半から1950年代前半までは、第35回アカデミー賞主演男優賞にも輝いた俳優のグレゴリー・ペックが所有していた。田園地帯のサリヴァン・キャニオンを遠くまで見渡せる岬を占有するその私有地は、1992年に大物プロデューサーであるブライアン・グレイザー(ドラマ『24 TWENTY FOUR』シリーズのエグゼクティブ・プロデューサー)が購入した。彼はその建物に2700万ドル以上の値をつけたが、最終的には2009年3月にアフレックとガーナーに1755万ドルで売却した。

購入後に年月をかけて大幅な改修を施したが、かつてカップルだった彼らが購入した当初には、メインの住居となる約8800スクエア・フィートの広大な平屋は5つのベッドルームと8つのバスルームを備えていた。かなり大きな2番目の建物にはオフィス、アートスタジオ、ジムと2つのバスルームがあり、広い地下のゲストハウスには2つのベッドルーム、3つのバスルーム、エンタテインメント・ラウンジと最新式の映写室を備えていた。この建物の数あるレクリエーション設備には、キャニオンを眺める広場サイズのテラス、サッカー競技場サイズの芝生の庭、ハーフコートのバスケットボール・コートにオープンエア型のカバナの付いたスイミング・プールなどがある。

アカデミー賞を2度受賞したアフレックは、様々な段階にあるプロジェクトを少なくとも5~6件は抱えており、ジョージア州サバンナの南を流れるブラックべアード川の幅広く曲がりくねった流れの脇にたたずむ優雅なプランテーション・スタイルの大邸宅を所有している。これは2003年に彼が700万ドル強で購入したものだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。