ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さっと喰ってさっと出る。江戸っ子気分で立ち食い寿司

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代にはお寿司といえば立ち食いが当たり前だったそうです。カウンターを挟んで板前さんと向き合う立ち食い寿司はサッと寄ることができるため、せっかちな江戸っこの性分にぴったりだったのでしょう。

ネタをつまみながら1杯引っかけて帰る――、今回は東京都内にある立ち食い寿司を4軒ご紹介します。粋な江戸文化を味わってみてはいかが?

まぐろざんまい [築地]

東京を中心とし全国に54店舗を持つ寿司チェーン「まぐろざんまい」。築地にあるこの店舗はカウンターのみで、サッと立ち寄れる気軽さが魅力です。店名にもあるとおり、自慢は世界中から仕入れた極上の本まぐろ。この本まぐろをたっぷり乗せた「鉄火丼」は、なんと500円とリーズナブルな価格で味わえるので大人気だとか。また、にぎりは1貫(105円~)から注文可能で、ちょっと小腹が空いたときにもぴったりです。

お店情報

まぐろざんまい
住所:東京都中央区築地4‐7‐5 築地KYビル1F
電話番号:03-5148-5414
営業時間:平日・土曜 11:00~21:00
定休日:日・祝


高円寺立喰寿司 

高円寺駅から徒歩2分。木の温もりを感じられるアットホームな店内は、ひとりでも訪れたくなるような落ち着いた空間です。店内だけでなく店外にもちょっとした立ち食いスペースを設けており、高円寺の住人の人気を集めています。こだわりのにぎりは1貫110円~とお財布に優しい価格設定。そのほか、刺し盛りやあん肝など旬の食材を使ったこだわりの料理が揃っています。深夜2時まで食べられるのもうれしいですね。

お店情報

高円寺立喰寿司 

住所:東京都杉並区高円寺南3-58-15 平間ビル1F
電話番号:050-5257-7190
営業時間:15:00~翌2:00
定休日:不定休

まぐろ人 御徒町出張所

上野・アメ横からすぐのところにある「まぐろ人 御徒町出張所」。カウンターに並ぶのは、その日に全国から直送された新鮮な食材たち……。うーん、今日は何から食べようか。そんなときには店長がおすすめする甘さを引き立てた「塩水ウニ」と自家製醤油に漬けた「いくら」から攻めてみてはいかが。そして仕上げはもちろん、同店自慢の最高級の「大間産まぐろ」。さぁ、握りたての絶品寿司を召し上がれ。

お店情報

まぐろ人 御徒町出張所
住所:東京都台東区上野6-3-7
電話番号:03-3831-3876
営業日:平日 11:30~22:30/土・日・祝 11:00~22:00
定休日:無休


すし処おかめ [築地]

築地中央卸売市場内6号館にある「すし処おかめ」。競争の激しい市場内の飲食店の中でも指折りの人気店で、わざわざ遠方から訪れるお客さんも少なくないとか。営業は朝6時から昼2時(日曜は3時)までと市場ならではの時間帯なので注意が必要です。鮮度はもちろん、ネタは築地市場から仕入れた1級品ばかり。日替わりのおすすめネタはどれも絶品で、2度3度と訪れたくなること間違いなしです。大将の軽快なトークにはファンも多い。

お店情報

すし処おかめ
住所:東京都中央区築地5‐5‐1 6号館
電話番号:03-3541-5450
営業時間:月~金 06:00~14:00/土 06:00~15:00
定休日:市場休日と同じ


書いた人:井上こん

1986年生まれのフリーライター。「Yahoo!スポーツナビDo」「Pouch」「SPA!」「nomooo」などのWEBメディアや雑誌「散歩の達人」で執筆。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP