ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アウトドアでも活躍!アイスランド生まれの“ポータブル風力発電機”が便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自然をこよなく愛する、アイスランドならではの発想。携帯可能なパーソナル風力発電機「Trinity」が、Kickstarterに登場した。

エコなコンセプトとシンプルなデザインが受け入れられたのか、公開からわずかな期間で、資金調達に成功している。

・風速毎秒2mで2500ワットの電力供給

「Trinity」は、言ってみれば世界最小レベルの風力発電所だ。

電気自動車と同じ、リチウム電池を使用。これがかなり強力で、風速毎秒2mの場合、最大2500ワットもの電力を供給する。

USBポートだから、接続も簡単。風さえあれば、その場でスマホの充電ができる。

・iPhoneから住宅まで、幅広く対応

一般的な風力タービンの場合、本体とは別にインバーターとバッテリー、コントローラーを用意しなければならないが、「Trinity」ならそれも無用。この細身のボディに、すべての機能が組み込まれているのだ。

製品のバージョンは4つあり、数字ごとにパワーも大きさも段階的に上がっていく。

例えばトリニティ400であれば、iPhoneの16倍以上の充電が可能だし、最も強力なバージョンでは、住宅に必要な電力を供給することもできるという。

・世界中どこにいても充電ができる

ユニットは、必要に応じて交換可。保証期間は2年だが、信頼性の高い高品質のバッテリーを採用しているため、耐久性は非常に高い。

充電の容量を、専用アプリから確認できる点も、便利である。

大自然の絶景を、誰かと共有したい。人里離れた奥地から、電話をかけたい。世界中どこにいてもスマホの充電ができる本品なら、そんなニーズにも楽々応えられる。

出資の受け付けは、10月26日まで。出資価格は399ドル(一番小さいタイプを1つ贈呈)から。

Trinity

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP