ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゾンビメイクは正直勘弁! 男性は、流行よりかわいらしいギャップがほしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日常のふとした会話から、男とは……を分析する「男子の生態学」。今回は、友だちNくんの会話をもとに、「ゾンビメイクは正直勘弁」と思う男性の気持ちについて、男心を知るための3つのキーワードを紹介します。
「もうすぐハロウィンだけどさ。俺、ハロウィンではしゃぎまくる女の子ってどうかと思うんだよね。大学生くらいだったらいいけど、20代も後半になって、ノリノリで準備してる(★1)のとか、どうも寒いんだよね。
なんかゾンビメイクも、年々テクニックとか増してグロテスクな領域(★2)にいってたりさ。猫メイクとか、普通にかわいいのでいいのに。ゾンビメイクをするにしても、魔女とかナースとかを引き立てるようにするべき(★3)じゃない?
ゾンビがメインになっちゃってたら、せっかくの仮装も全然入ってこないし、やっぱりかわいいとは思えないよ」

いい年してノリノリは引く(★1)

男性は、社会人になってまで、ハロウィンにお金も労力も気合も入れているような女性に引いてしまいます。
こだわるのは全然いいのですが、その努力は見せないようにしましょう。
その人のキャラクターと見た目年齢にもよりますが、露出度や選ぶ仮装にも気を配る必要があります。

グロテスクはNG(★2)

基本的に、ゾンビメイクは男性にウケません。
男性は、「せっかく変身するなら、かわいいほうに向かって努力すればいいのに……」と思っています。
グロテスクなまでに血や傷の再現性を高めても、楽しいのは自分だけということを頭に入れておきましょう。

魔女、ナース、お姫様を引き立てるべし(★3)

せっかく変身メイクをするなら、自分の仮装にあったかわいいメイクをおすすめします。
魔女やポリスの衣装なら、派手なメイクにしてSっ気を出していく。それだけでも、男性は普段とのギャップでドキッとします。
みんながしているからと言って、ゾンビメイクに引っ張られる必要はありません。

恋がはじまるイベントとして楽しむ

ハロウィンを、ただのお祭りイベントと思っていてはもったいないのです。
普段と違うギャップのある一面を見せて驚かせ、InstagramやFacebookでも、変身写真でアピールしていくべきです。
ただ流行に乗って、ゾンビメイクのビジュアルインパクトを楽しんでいる場合ではありません。
きちんと男性の脳裏にかわいさを植えつけ、恋がはじまるイベントとして取り組みましょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
男性がパッと見で幻滅する女性の靴
男性が「ついOKしちゃう」ごはんの誘いかた
男性が「この子、自分のことわかってくれてるな」と感動する行動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。