ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さとう珠緒 「2年連続嫌われ1位」、プンプン誕生秘話を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2004年、2005年と「『女が嫌いな女』1000人アンケート」(週刊文春)で2年連続1位に選ばれた、ぶりっ子キャラのパイオニアのひとり、さとう珠緒(42才)。必殺技の「プンプン!」誕生エピソードから、ぶりっ子キャラの真相、気になる前事務所騒動までを本人に直撃した。

――女性が嫌う女性タレント2年連続1位になったとき、どういう気持ちだったんですか?

さとう:えっ!?て思ったんですけど、最初は。初年度はかわいい子ばっかり並んでいたので、「嫉妬かな」とか思ってたんです。でも2年目は、大御所の方々が並んでいたので、私、間違った方向にいるなって気づいたんですけど、もう遅いなって(苦笑)。

 その頃はバラエティーばっかり仕事がきていたので、これはしょうがないなと思いました。腹をくくって、そういう感じでいくしかないって。そういうキャラを求められるし、そのときは仕方がなかったですね。

――ぶりっ子というのは地ではなく、キャラなんですか??

さとう:何言ってるんですか~! キャラじゃないですよ。地ですから。よく聞かれるんですけど、「キャラでしょ?」「いや、キャラじゃないんですよ」って、いつもエンドレスで。

――小倉優子さんはキャラを捨てたと公言しましたが、ゆうこりんみたいにキャラを作っているわけじゃない?

さとう:そうです!

――その目のウルウルも?

さとう:これも地です、天然ウルウルです。それこそ自分でコントロールできたら、すごいですよ。この人にはウルウルで、この人にはドライアイでって(笑い)。

――天然と作りのぶりっ子の見分け方や違いはありますか?

さとう:テレビで見ていて、この人はっていませんか? たとえば小林麻耶さんとか、あれだけぶりっ子枠に入れられちゃうと、本当は天然だったのに、仕事でやらなきゃいけなくなると、天然からの養殖になりかねない(笑い)。そういうのって、わかりませんか?

――う~ん、どうでしょう…。珠緒さんは天然?

さとう:私は100%天然です!

――「プンプン!」というのは、いつからですか?

さとう:諸説ありまして。「俺が引き出した」って人が何人かいるんです(笑い)。絶対俺だって言うのが、初舞台の演出家・福島三郎さん。パントマイムで怒ってる仕草の時に、「プンプン!」って演出して、それが29才くらいだったかな。でも長井秀和さんは俺だと言うでしょうし、島田紳助さんも俺が引き出したと言うんですよ。

――さとうさん的には、誰だと思いますか?

さとう:演出家さんが一番強く言うので、その説を取りたいと思います(笑い)。

――「プンプン!」ってプライベートでもしていますか?

さとう:すごいよく聞かれるんですけど、あまり出ないですよね、この仕草って。四十肩で肩が上がらないからかな(笑い)。写真とか撮るときに、顔周りに手を添えることが多いので、そういう時は出ますけど。

――ところで、前事務所では大変でしたね。

さとう:みんな知りたいところだと思うんですけど(苦笑)。前は前で、そこしか知らなかったので。友達同士で「そっちどう?」みたいな話って、そんなにしないんですよね。だから自分がそんなにひどい状況だってことが、わからなかったんです。今思うと、いろいろひどかったのかなぁ・・・。

―― 一番理不尽に思ったことは?

さとう:色々あるんだけど、お世話になった方なので、あまり言うのも気持ちよくないので。飲みの席なら、朝まで語れるんですけどね(笑い)。

【さとう珠緒】
1973年1月2日生まれ。千葉県出身。1991年から芸能界活動を開始、1995年『超力戦隊オーレンジャー』(テレビ朝日系)、翌年『出動!ミニスカポリス』(テレビ東京系)初代ポリスなどでブレイク。キメ台詞の「プンプン!」で一世を風靡した。LINEスタンプ『さとう珠緒の女子に嫌われるスタンプ』発売中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「お江」主人公・上野樹里 馬に友達のように話しかけていた
コクーンシティ市長就任の広瀬すず キュートな敬礼姿披露
元漫画家志望51才男 丹下段平のキャラ弁を作り、娘号泣

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。