ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大舞台になればなるほど実力を発揮するカトパンの仕切り力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、恐るべきカトパンの仕切り力について詳細レポート。

 * * *
 フジテレビの加藤綾子アナウンサーの仕切りを生で拝める機会に恵まれた。

 SMAPの香取慎吾クン主演の映画『ギャラクシー街道』の完成披露試写会(東京ドームシティホール)である。

 完成披露試写会や映画初日の舞台挨拶は、その映画に出資しているテレビ局のアナウンサーか、以前も書かせていただいた“映画コメンテーター”という肩書きを勝ち取ったフリーアナウンサー(もどき? 失礼)がつとめる。

 この映画コメンテーターの多くは、どういうワケかキャストや監督らに異様に馴れ馴れしく、記者や集まったファンにやや不評だ。

 逆に、テレビに出ているときより観客らにありがたがられるのが局アナ。思えば、局アナを生で見る機会というのは、一般の方にとって、それほど多くないのかもしれない。

 で、局アナによる仕切りについてなのだが、映画館やホールなどで多くの人を前にしたときと番組出演しているときとでは、その実力に大きな差がある場合が多いのである。

 これまで私が見てきたなかで、それが比例していたのはTBSの安住紳一郎アナだけと言っても過言ではない。もっとも彼の場合、出てきたときや、仕切り途中での笑いのとり方などが登壇している演者たちを超えてしまうことが多々あって、それはそれで、やや問題であるような気がする。

 その逆で、あの吉川美代子サンが実力をかっているTBSの江藤愛アナがドラマ『新参者』の初回試写を仕切った際は、新人のときだったとは言え、キャストから誤りを何度も訂正されるようなとっちらかり方だった。

 そして、以前、“軽部問題”と書かせていただいたフジテレビの軽部真一アナである。彼の場合、あれほどのベテランなのに番組の仕切りがマズかったり、多くの人を前にするとアガってしまうという欠点があるのだが、試写会や発表会の仕切りではさらに悪くなる。

 以前、当コラムで映画『HERO』の初日舞台挨拶で吉田羊サンのことを2度にわたって「吉田礼サン!」(役名の馬場礼子とゴッチャになってしまった)と紹介したことを書いた。

 その軽部アナが、ジャニーズWESTの小瀧望クン初主演舞台『MORSE-モールス-』の制作発表会見を仕切ったのだけれど、これが本当に下手だった。

 構成も異様で、まずは軽部アナが延々とストーリーを説明。あまりの長さに「早く、のんちゃん(小瀧クンのニックネーム)、出して!」と女性記者が文句たらたらだった。

 幸いにも、演出担当の深作健太氏がひじょうに楽しいトークをする方だったのと、脚本家の瀬戸山美咲氏も、口数は多くないが力強くてセンスにあふれるコメントをしてくれる方だったので、軽部アナはかなり助けられたハズ。

 が、ジャニーズWESTのメンバーと一緒のときのようにボケるワケにもいかないし、舞台初出演ということで、あんまりふざけたことも言えないだろうと“空気を読んだ”小瀧クンに加え、2014年にデビューしたばかりの女優、水上京香チャンは、当然のことながら、気の利いたコメントはさっぱり言えない。

 そこをつないだり、フォローしたりするのが軽部アナの役割だと思うのだけれど、彼は質疑応答の際、質問者が指名した人をすっ飛ばして会を締めようとし、「○○さんの答えが終わってない!」と某局の男性スタッフから“ご注意”される始末…。

 これに機嫌を悪くしたのか、フォトセッションの仕切りを放棄した(ように見えた)軽部アナ。マイクをたてたMC台にもたれかかり、憮然とした表情で黙ってしまったのである。

 だったら控室にハケればいいようなものを軽部アナはその後ずっと身体を斜めにし、台にもたれながら、居続けたのである。誰だ、この男をエンタメ担当にしているのは!!

 同じ“めざましアナウンサー”で言うと、Hey!Say!JUMPの山田涼介クン主演の映画『暗殺教室』の大ヒット御礼イベントを仕切った立本信吾アナもなかなかひどかった。「こういうのは初めてで」と正直に申告したのはいいが、年下なのに立本アナよりキャリアがあるせいで、落ち着き払い、「慣れているので緊張していない」と言い切った山田クンに対し、用意してきたことのすべてが空回り。気の毒な結果だった。

『みんなのえいが』(TBS系)という番組のMCで、「番組始まって以来初」と試写会を仕切った同局の杉山真也アナは先輩風を吹かせたものの、やはり緊張気味で、逆に後輩の佐藤渚アナが堂々と、しっかり仕切っていたのが目立った。

 前置きが異常に長くなってしまったが、カトパンこと加藤綾子アナである。薄いグレーのワンピース姿で登場した加藤アナは、さすがに華があり、会場を埋め尽くした女性客から歓声と大拍手が起こった。

 まず、加藤アナから簡単に、三谷幸喜監督と『ギャラクシー街道』についての紹介があったのだが、『ギャラクシー街道』って言いにくいのだろうか。それとも、加藤アナとて、ちょっとアガっていたのだろうか。噛むまではいかないが、私には何回聞いても、音引きのない「ギャラクシ街道」に聞こえた。

 しかし、香取クン以下、綾瀬はるか、優香、小栗旬、山本耕史から大竹しのぶまで、14人の豪華キャストと三谷幸喜監督が加藤アナの横に並んでからは俄然、実力を発揮。

 というか、加藤アナは自分が局アナであるという立場を忘れてしまったのか、それとも、『ホンマでっか!?TV』のノリで臨んだのか。特に隣にいた三谷さんとの“並列”ぶりには、「さすが、スーパー綾子」と思わずにはいられなかった。

 まったく物怖じせず、豪華キャストの各コメントの後、「ほら、貴方、皆さんにこんなこと言われてるわよ」と、まるで昔、三谷さんと交際していたかのような態度で、終始、振る舞うのである。

 この日は、宇宙をテーマにした映画らしく、三谷さんから全キャストに対し、「宇宙一○○な人」というキャッチが発表されたのだが、その出来不出来やキャストの知名度によって長尺にしたり短尺にしたりする仕切りも、それは見事だった。

 最初、あのカトパンでも緊張してしまうのかと思っていた私がバカだった。これほどまでに多数の大物が横一列に並んでいるのに、ずっと堂々としているし、だが変に媚びるワケでもなければ、余計なことを言うワケでもない加藤綾子アナは、やはり、タダモノではなかったと言わざるを得ない。

 今春、一部マスコミでは、その加藤アナが9月いっぱいで『めざましテレビ』を卒業し、フリーになるのではないかと報道された。確かに『めざまし~』は永島優美アナにバトンを渡そうとしているふうにも見えなくもない。

 だが、三十路となるも、生活情報番組は仕切れても、報道番組は担当したことがほとんどない加藤アナがフリーになったとしても、やれる番組がないのではないかという見方をするメディアもある。

 確かに、加藤アナの読みがもっとも上手だと思う瞬間は、「めざましうらない」のとき。

 これを他の女子アナがやると、最後の「ごめんなさい」にさえありがたみが感じられないと思うのは私だけだろうか。

 早朝番組を長年続けるのは大変だろうし、「集中しすぎている」と局内で言われながらも、結局、「やはり加藤しかいない」と指名される加藤綾子アナ。

 どうだろう。フジテレビ専属契約のフリーアナになるというのは? それぐらいタレントっぽいし、大物と並んでも引けをとらない加藤綾子アナは、やっぱり「スーパー綾子」だった。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ・生野陽子「そのうち仕事より結婚選ぶ」の噂で持ちきり
TBSの桝田絵理奈 同期のフジ・加藤綾子を強烈ライバル視
加藤シルビア 社内で枡田絵理奈・田中みな実両派の間取り持つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。