ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「年20万人の移民受け入れで人口減回避」に落合信彦氏が苦言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 難民たちを乗せたボートがトルコ沖で転覆し、3歳男児を含む12人が死亡した。浪打ち際でうつぶせになっている3歳男児の遺体写真をきっかけに欧州各国は難民受け入れを拡大する方向に急転回したが、作家の落合信彦氏が難民受け入れが日本に及ぼす影響について解説する。

 * * *
 日本も他人事ではない。国連のサザーランド事務総長特別代表は、ヨーロッパ各国やオーストラリアが難民受け入れを拡大したことを受け、「アメリカや日本なども責任を果たすべきだ」と述べた。

 目の前で命の瀬戸際にある人々がいる以上、先進国としての責任はもちろん無視するわけにいかないが、軽々に考えてはならない。移民・難民の受け入れは、副作用を必ず伴う。

 すでに日本でも、外国人が多く住む地域ではトラブルが続出している。中国人が多い東京・池袋などでは、ゴミ出しをめぐって地元住民と摩擦が起きている。友人が住む埼玉のマンションでは、やはりゴミをめぐって大変な摩擦が起きているという。

 外国人の生活保護受給世帯も4万世帯以上にのぼっている。近年は毎年5000世帯のペースで急増。堅実な日本人と違って、稼いだカネはすぐ使うという文化がある外国人は貯められないからだ。中国で働くフランス人の友人が語ってくれたことだが、いま上海の書店では日本についてのハウツー本が売れまくっているという。それは日本に行って何もしないで生活保護をもらい楽しく暮らすことを1から10まで教えている本だという。

 昨年、内閣府が「毎年20万人の移民を受け入れることで人口の大幅減を避けられる」との試算を発表したが、そんな政策は大間違いだ。文化の違いを考えない阿呆な政策としか言いようがない。馬鹿な日本の企業が外国人を増やしたいからといって、それを受け入れ生活保護を支払うのか? そんなことのために税金を払うなんてまっぴらご免だ。

 毎年20万人といえば、東京・渋谷区や静岡・沼津市、山梨・甲府市などの人口に匹敵する。10年で200万人、30年で600万人だ。彼らは子供を産み、あっという間に1000万人を超えるだろう。日本人が人口減少により今後50年で約8000万人に減っていくなかで、1000万人の移民がいる社会はどのようなものになるか。考えると恐ろしい。

 さらに危惧すべきは、中国の崩壊だ。

 経済が危機的状況にある中国は、いつ人民が暴動を起こして共産党政権を転覆させてもおかしくない。そんな事態になれば、数多くの戦艦や漁船などで、数百万人、数千万人単位の難民が海をわたって日本にやってくるだろう。

 海上自衛隊や海上保安庁に、それを止めることはできない。もし上陸を阻止しようとして中国人に死者でも出たら、今度は世界から「非人道的だ」と猛烈な批判を浴びる。武装難民も大挙して訪れるだろう。到着した九州や日本海沿岸で、日本人が略奪される危険もある。

 難民受け入れは、決して美しい物語ではない。痛みを伴うシビアな問題なのだ。日本人は、これからヨーロッパで起こることに目を凝らし、そのうえで日本の針路を考えねばならない。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラーメン店順番待ち 1人のはずが中国人15人が突然現れ一斉入店
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
移民受け入れに肯定的な米国でも1150万人の不法移民問題あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP