ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激ウマ】フタが閉まらないほど肉厚な高級うな重 / うなぎの隠れた名店『和友』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

うな重
3600円

うなぎは美味しいが、やや高めの値段設定。それゆえ、いつも頻繁に食べられるわけではない。今回ご紹介するのは、うなぎの隠れた名店『和友』。この店、うなぎをいつも食べられないからこそ、客の立場でうなぎを焼く。

・採算度外視の質と量
「せっかく食べるのだからお腹一杯になってほしい」という思いから、採算度外視の質と量でうな重を提供しているのだ。ここのうな重は、味噌汁と漬物がついて3600円だが、上質なうな重の場合、3600円ならば妥当な金額か、やや安い金額といえる。

・期待以上の肉厚なうなぎ
にもかかわらず、その質と量は3600円以上のもの。目の前に出されるうな重は、フタが閉まりきれず、うなぎが少し顔を覗かせている。期待に胸を膨らませてフタを開けると、そこには期待以上の肉厚なうなぎが姿を現す。

・うなぎを食べてもうなぎが顔を出す
うなぎが器に入りきらず、尾の部分を折りたたんでいるほど。さらに驚くことに、肉厚うなぎが二重になっており、うなぎの下に半分くらい、うなぎがめり込んでいるのである。うなぎを食べてもうなぎが顔を出す状態。まさにうなぎ天国!

・あまりにも柔らかすぎる!!
箸でつまむと、フワッとした感触が箸から伝わってくる。あまりにも柔らかすぎて、今にも崩れそう。重量感があるので、箸でつままれると重さの影響で形状を維持できないようだ。

・うなぎの身から溢れる上品な旨味
ご飯も多めで、薄口で上品なタレがご飯に浸透しているのもたまらない。うなぎと一緒に食べれば、ふわっふわの食感とともに、うなぎの焼けた香ばしさが嗅覚を魅了。それと同時にうなぎの身から溢れる上品な旨味が幸せな気分にさせる。

・ここでしか食べられない唯一無二の味
肉厚でボリューミーながら、大味ではなく繊細な旨味を感じさせる秀逸なうな重。おそらく、この価格では「ここでしか食べられない唯一無二の味」といえるだろう。ちなみに、あまりにも人気がありすぎて、うなぎが品切れになると、閉店時間より早く閉店する。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/10/08/kazutomo-unaju/

うなぎ和友
住所: 東京都江戸川区中央1-3-20
時間: 11:00~13:30 17:00~20:00
休日: 土曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13044020/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP