ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今日のホメ出し・惜別編】山本昌、32年のプロ生活に幕。最後はスライダーでセカンドゴロ。「これからは別の世界での活躍?本当にお疲れ様でした」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西山秀二、ギャオス内藤、佐野慈紀の3人も、最後の瞬間を見届け、自分たちより年上であるレジェンドに労いの言葉をかけた。

「山本昌」の他の動画を見る

「中日」の他の動画を見る

<OBプロフィール>

佐野 慈紀(さの・しげき)
球歴:松山商業高 近鉄 中日 米独立リーグ他
現役時代、大阪近鉄バファローズのセットアッパーとして活躍。中継ぎ投手としては、日本プロ野球史上初の1億円プレーヤーとなった。NPB通算353試合登板。”ピッカリ投法”のパフォーマンスでもお馴染み。現在はBCリーグ・石川の取締役。愛媛県出身。右投げ右打ち。投手。

ギャオス内藤(ぎゃおす・ないとう)
球歴:豊川高 ヤクルト ロッテ 中日
現役時代はパワフルな投球でファンを魅了。ヤクルトでは2年連続で開幕投手を務めるなど、エースピッチャーとして活躍した。引退後は、野球解説者として活動の場を広げている。2013年から昨年まではBCリーグ・新潟の監督も務めた。愛知県出身。右投げ右打ち。投手。本名は内藤尚行(ないとう・なおゆき)。

西山 秀二(にしやま・しゅうじ)
球歴:上宮高 南海 広島 巨人
中学時代に桑田真澄とバッテリーを組む。85年のドラフト4位で南海に入団。87年途中に広島に移籍すると、93年から達川光男の後を受けて正捕手の座を掴み、94年、96年とベストナイン&ゴールデングラブ賞受賞。05年に巨人に移籍し、引退後は巨人のバッテリーコーチとして手腕を振るった。鋭い眼力と歯に衣着せぬ物言いで野球界に物申す。大阪府出身。右投げ右打ち。捕手。

この記事の動画を見る

■おすすめ記事
【選手採点(広-中)】鯉、浮上ならず。「寂しい。ガッカリです…(西山)」「今シーズンを象徴するような負け方(佐野)」最終戦で1安打完封負け10/7
【今日のホメ出し・惜別編】山本昌、32年のプロ生活に幕。最後はスライダーでセカンドゴロ。「これからは”別”の世界での活躍?本当にお疲れ様でした」10/7
【引退試合】史上初の50歳での先発登板が花道 山本昌のラス投に「真剣勝負を望む昌さんに広島も当然受けて立つでしょう!」【OBTVニュース】10/7

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP