ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本当に「カレーは飲み物」なの!? ミキサーで実際に飲み物にしてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


手前は、飲み物になったカレー。他は何を飲み物化したかわかりますか?

かつて、ウガンダ・トラは言った。

「カレーは飲み物である」と。

“おデブキャラ”のパイオニア的存在であった、ウガンダ・トラの発したこのフレーズは、彼が故人となった現在でもなお、枯れることなく使い続けられている。

「カレーは飲み物。」というカレーチェーンまであるというから、その浸透度合いは推し量ることができるだろう。

しかし、私はカレーを飲み物として飲んだことはない。

具材がゴロゴロ入っているわけだし、きちんと咀嚼して“食べる”。

そういうわけで、本当にカレーを飲み物にして、飲んでみようと思う。

せっかくなので、カレー以外のものも飲み物にして、飲んでみようと思う。

ミキサーで液状にします

どうやって飲み物にするかというと、そう、ミキサーで液状にするのだ。

用意したのは、この4品。

カレー、シチュー、親子丼、牛丼だ。

親子丼と牛丼は、ご飯がないと鶏肉の卵とじと牛皿になってしまうので、ご飯も一緒にミキサーにかける。


手前から反時計回りに、カレー、シチュー、親子丼、牛丼


まずはカレーから。ミキサーに入れる

スイッチ、オン!

大きめの具材がうれしいシチューだって……

ミキサーの手にかかれば液状に!


親子丼も汁を多めに入れて……

粉々に!


ツユダク牛丼も……

ホラ、こんなにトロトロにしちゃったよ! 

それでは飲んでみましょう

本物の飲み物よろしく、グラスに入れてみる。

ただのペースト状の食べ物だと言われればその通りだが、「これは飲み物だ、飲み物だ」と言い聞かせれば、そう見えないこともない。


冒頭の写真の答え合わせ。手前から反時計回りに、カレー、シチュー、親子丼、牛丼でした!


カレーの見た目は、さほど変わらない

まずはカレーからいただきます!

「ゴクゴク」というよりは、「ズ、ズズ……」という擬音が近いが、ミキサーで攪拌したことにより具材が溶けこみ、滑らかになっているので、噛まずとも飲み込める。

普通にウマイ。

煮込みすぎて具が溶けたカレー、みたいな。

旨みが凝縮されているカレーだ。


シチュースープ

次は、シチュー。

見た目でいうと、元々の色より赤みがかっている。ニンジンが溶けて、スープ自体に色がついたからだろう。

シチューはそもそもスープっぽい食べ物なので、ミキサーにかけたら本当にスープだった。ジャガイモが入っていることもあり、色といい、風味といい、ビシソワーズスープみたい。


ここからは問題の丼編。これは親子丼。ごはんもミキサーでかけたが、大丈夫だろうか……

液状化した親子丼は、かなりの吸引力ですすった。

「ゾボゾボゾボ……」みたいな音を立てながら口の中へ入ってくる、“親子丼だったもの”。

ん…… !? これは……!

ふわふわした食感で、メレンゲみたい。

新しい食感(いや、のどごし!?)の親子丼だ。


最後は牛丼。大丈夫なのか?

牛丼も親子丼と同じように、ものすごい勢いで吸った。

これは、めちゃくちゃ牛丼の味だ。

牛丼をミキサーにかけたんだから、牛丼の味がして当然なのだけれども。

例えば親子丼は食感が変わったことで、味すら変わったような感じがしたのだが、牛丼は味の再現度が高い。

でも、普通に肉食べたいな~。

全体を通して、確かに滑らかになったのだけれども、どんどん食が進む感じではないのだ。

そしてなんというか、“噛みたい”欲が満たされない……。

「肉の味はしっかりするのに、肉の食感がない」ことが、こんなにつらいとは。

今回の実験で、飲み物としてもっとも飲みやすかったのはシチューだが、元の食べ物と比較してもっとも変化がなかったのはカレーだった。

あぁ、こういうカレーあるな」という感じだった。

残りを白米にかけて食べたら、具なしのカレーライスだった。

飲み物化したカレーでも、白米があれば普通のカレーライスレベルで食べられる。

つまり、カレーは飲み物って言っても差し支えないと思う。

ウガンダ・トラはカレーの本質を突いていた。

白米と一緒に食べたら、具はなくてもご飯を噛めるので“噛みたい”欲は満たされました

書いた人:栗本千尋

1986年生まれ。青森八戸市出身(ですが、実家が最近なぜか仙台に引っ越しました)。情報系雑誌をはじめ、旅行やグルメ雑誌、webメディアなどでお仕事しています。旅行会社→編集プロダクション→任侠系DVD会社勤務を経て、2011年からフリーライターに。2014年に出産し、一児の母になりました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP