ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kis-My-Ft2 玉森裕太&西内まりやの直筆メッセージが全国の劇場に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Kis-My-Ft2 玉森裕太と西内まりやが主演する映画『レインツリーの国』の公開を控え、直筆のメッセージとサイン入りのスペシャル大型スタンディが、10月10日より全国の上映劇場などに設置される。

 本作は、「図書館戦争」シリーズや「阪急電車」を手掛ける有川浩の恋愛小説「レインツリーの国」の実写版。大阪出身の社会人、伸(玉森裕太)と 感音性難聴という障害によって自分の殻に閉じこもってきたヒロインひとみ(西内まりや)が、「レインツリーの国」というブログを通じて出会い、心を通わせていくストーリー。実写映画は初出演となる西内まりやは、本作のために長かった髪をばっさりとカットし、その複雑な感情を見事に体現。片岡愛之助、森カンナ、矢島健一、麻生祐未、大杉漣、高畑淳子ら実力派俳優がそれぞれのキャラクターを好演し脇を固めている。

 今回設置される大型スタンディ(縦2m×横2m10cm)は、200枚全てに玉森と西内の心のこもった直筆のサインに加え、方言やイラストなど会場にあわせた直筆メッセージも添えられている。全国の上映劇場を中心に、大型書店などでも設置が予定されている。

◎公開情報『レインツリーの国』
11月21日(土)全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

吉高由里子、初主演舞台の演出家にダメ出し!? 「言葉のチョイスがぶさいく」
“男前な電気グルーヴ”ドキュメンタリー映画のキービジュアル公開
水曜日のカンパネラ「西玉夫」MV公開 旅人コムアイの神秘的かつコミカルストーリー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。