ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブロンドファイア、マンチェスターのドラッグ事情にインスパイアされた新曲公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニューEPと大規模ツアーの予定を来年に控えた米インディー・ポップ・バンドのブロンドファイア(Blondfire)が、飛躍の年に向け準備を整えてきたようだ。同バンドの次のEPは2016年春まで待たなければならないなか、米ビルボードはそのリードシングル「Pleasure」を独占初公開した。

 なお、リードシンガーのエリカ・ドリスコールによると、「Pleasure」には興味深いテーマがあるという。ドリスコールは米ビルボードに対し、「この曲はマンチェスターの狂ったドラッグ事情にインスパイアされているの。究極の陶酔感と幸福感を追い求めることで、どんな風に悪い側面が伴うのかって。楽しいのは続いている間だけなのよね」と話している。

 「Pleasure」は10月9日よりデジタル配信をスタート。7インチのレコード盤にはB面に「Domino」が収録されるという。

◎Blondfire – Pleasure公開ページ
http://www.billboard.com/articles/news/6721933/blondfire-pleasure-song-premiere

関連記事リンク(外部サイト)

チック・チック・チック ○○も初披露!? 最狂ジャパン・ツアー開幕を記念してサイン入りポラ&ステッカー2枚組セットをプレゼント
ザ・ウィークエンド 米ビルボード・シングル・チャート3週目の1位をマーク、いよいよドレイクがTOP3入り
フェティ・ワップ 2015年大飛躍を遂げたラッパーのデビューALがビルボード・アルバム・チャート1位、3位のドン・ヘンリーは自身最高位を記録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP