ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エンヤ、7年ぶりの新作アルバムが11/20に世界同時リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 「オリノコ・フロウ」「オンリー・タイム」などのヒット曲で知られる、アイルランド出身の歌姫エンヤが、全世界待望の新作『ダーク・スカイ・アイランド』を、2015年11月20日に全世界同時リリースすることが明らかになった。

 1988年のメジャーデビューアルバム『ウォーターマーク』以来、全世界累計7,500万枚以上、日本でも累計450万枚以上のセールスを記録しているエンヤ。今回の新作は2008年の『雪と氷の旋律』以来、実に7年ぶり7枚目のオリジナル・アルバムとなる。

 新作は、英領チャンネル諸島に実在するサーク島(the island of Sark)から大きなインスピレーションを受けた作品。同島では、自動車の使用が禁じられるなど21世紀においても独自の法律や自治権を持ち、「世界一美しい星空を眺めることが出来る島」としても知られている。また、制作はこれまでの作品と同様、中心人物&リード・シンガーのエンヤ、プロデューサーのニッキー・ライアン、そしてニッキーの妻であり、全ての作詞を手がけるローマ・ライアンの3名が中心となり行われた。

 iTunes Storeでは本日10月9日からアルバムの予約注文がスタート。アルバムを予約すると、先行リード・トラック「エコーズ・イン・レイン」が入手可能となる。また、同曲のリリックビデオも現在公開されている。

◎「エコーズ・イン・レイン」リリック・ビデオ
https://youtu.be/8DDHulO485k

◎リリース情報
『ダーク・スカイ・アイランド』
2015/11/20 RELEASE
iTunes:http://apple.co/1MhnVzY
※詳細は後日発表。

<トラックリスト>
01. The Humming
02. So I Could Find My Way
03. Even In The Shadows
04. The Forge Of The Angels
05. Echoes In Rain
06. I Could Never Say Goodbye
07. Dark Sky Island
08. Sancta Maria
09. Astra et Luna
10. The Loxian Gates
11. Diamonds In The Water

関連記事リンク(外部サイト)

Song Review: シリーズ最新作『007 スペクター』の主題歌としてリリースされたサム・スミスの復帰曲「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」
アーケイド・ファイアのウィル、女優エマ・ストーン出演の新MVを公開
スティーヴィー・ワンダー、2人目の妻との離婚がようやく成立

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP