ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

短期決戦に弱い阪神 元コーチ片岡篤史氏が勝ち抜く秘策を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージが始まる。阪神タイガースは短期決戦に弱いといわれ続けてきた。2003年と2005年には日本シリーズで敗退。CSも導入初年度の2007年は中日に2連敗したのをはじめ、2008年、2010年、2013年と敗退していた。

 これを払拭したのが昨年のCSだ。ファーストステージで広島、ファイナルステージでも巨人をストレートで下して日本シリーズに進出した。

「昨年のファーストステージでメッセンジャーと能見が広島を封じ込めた。ファイナルステージでも強力打線の巨人相手に藤浪や岩田ら投手陣が踏ん張った。4試合とも先発投手が5回以上を投げて3点以上取られず、打線も鳥谷、ゴメス、マートンのクリーンアップが効率よく得点した」(担当記者)

 今年の阪神はタイムリー欠乏症で悩んだ。昨年の首位打者マートンが打率2割7分台、9本塁打にとどまり、昨年の打点王で長打力のあるゴメスも26本塁打から17本塁打と激減した。

 一方の投手陣は14勝7敗のエース藤浪晋太郎をはじめ、メッセンジャー、岩田、能見と先発ローテーションは機能し、セットアッパーの福原忍、ストッパーの呉昇桓がしっかり仕事をしている。CSをどう戦えばいいか。元阪神コーチの片岡篤史氏が語る。

「最大の不安は今年の東京ドームで2勝11敗と大きく負け越していること。投手陣に不安はないが、問題は得点圏打率が低い野手陣でしょう。上本がいない内野も不安ですが、チーム一丸となって一枚岩で戦い抜くしかない。バント、進塁打、走塁とスモールベースボールを駆使し、キーマンは一発のあるゴメスとマートン。外国人コンビの奮起を期待しています」

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金本知憲氏 「CSの阪神VS広島戦は阪神が有利」という根拠は
「我が阪神タイガースは贔屓目に見ても最下位か」と江坂彰氏
投手陣安定の阪神「肩は消耗品」の中西コーチの手腕も大きい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP