ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西田敏行 釣りバカスーさん役オファーに最初は「ありえない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1979年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で始まり、現在も連載中の『釣りバカ日誌』(作/やまさき十三画/北見けんいち)は、1988年に西田敏行主演で映画化(シリーズ22作)された。『男はつらいよ』に並んで国民的映画として有名な同作品が、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(テレビ東京系)として、初めてテレビドラマ化される。

 今作では主人公・ハマちゃんこと浜崎伝助の新人時代を濱田岳が演じる。映画では中年・ハマちゃんが描かれてきたが、ドラマは新入社員時代にスポットをあてる。時代設定も2015年だ。

「ハマちゃんの新入社員時代が描かれ、のちに奥さんになるみち子さん(広瀬アリス)との出会いから始まります。演出も映画版でメガホンをとった朝原雄三監督。監督以外にも映画版のスタッフが多数参加しています」(プロデューサー・浅野太さん)

 そして、なんといっても注目はスーさん役を演じるのが、西田敏行というキャスティングだ。

「どうしても映画の三國連太郎さんのイメージが強すぎて、これを超えられる人はなかなかいないと思っていたんですが、ハマちゃんを演じていた西田さんならもしかして…と思ってオファーをしました」(浅野さん)

 そのオファーを聞いた西田は最初「ありえない」と思ったという。

「西田さんは5年前に映画がファイナルを迎えてから、『ハマちゃん、釣りバカはもうやらないんですか』って何度も声を掛けられたそうです。そのファンの人たちの思いも西田さんの中にはずっとあって、もしかしたらこれはもう1回やれっていうことなのかなって受け止めていただけました」(浅野さん)

 スーさん役を引き受けたとき、西田はスタッフたちにこう宣言した。

「ハマちゃんとして22年生きてきたことは全部捨てて、今度はスーさんとして生きていく」

 浅野さんによると、西田のスーさんは想像以上のハマり役だそう。

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
四国遍路を知るのに最適な映像『ロード88』『釣りバカ』など
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
あっ! 風の悪戯でYURIちゃんスカートひらりのハプニング

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP