ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

控訴裁判所が「バットモービルは著作権保護の対象」と裁定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


控訴裁判所は、バットモービルに関する著作権の権利請求についてDCコミックス側の主張を支持し、バットモービル自体が十分に物語のキャラクターと見なされるという裁定を下した。

3人の裁判官で構成される審査員団は、マーク・トール氏が経営するゴッサム・ガレージの続けてきたバットモービルの複製品ビジネスが、DCコミックスの所有する著作権を侵害していると判断した。レプリカは1960年代のテレビシリーズと1989年の映画で使われているバットモービルをベースに作られており、約9万ドルの値段で熱心なコレクターに売られていた。

サンドラ・シーガル・イクタ判事は、「個性的かつ上述した物理的な特徴を備えた、コウモリをテーマにしたバットマンの忠実な相棒という立場に加え、バットモービルは唯一無二であり、大いに見分けがつくものだ」と見解を示し、「バットモービルは単なるストック・キャラクターではない」と続けた。

また判事らは、DCコミックスはバットモービルの著作権を所有していないというトール氏の主張に対し、それが出版社の下にあるバットマン作品に由来することに注目すべきだとして、要求を却下した。

イクタ判事は判決理由を説明する時間を明らかに楽しんでいた。

判事らは1966年3月23日にテレビで放送されたバットマンのエピソード”The Penguin Goes Straight(原題)”から引用し、「バットマンがロビンに物知り顔で言ったように、”我々の秩序だった社会において私有財産の保護は欠かせない”」と綴った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP