体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リドリー・スコット、映画『プロメテウス』の続編をシリーズ化すると言及

prometheus sequel

リドリー・スコット監督は映画『プロメテウス』の続編に関して、完結した1本の映画ではなく、いくつかのシリーズものとする計画のようだ。

ドイツのサイトであるフィルムフッター(FilmFutter.com)のインタビューで、スコットはシリーズの続編について語った。続編は来年2月から撮影をスタートする見込みで、ノオミ・ラパスとマイケル・ファスベンダーが再び出演する。そして、そのストーリーがどのようにして映画『エイリアン』の世界につながるのかを説明するために、1本の映画では不十分だという。

「それは次回作では明らかにならないと思うよ」とスコットはサイトに語った。「その後に予定している作品か、もしくは我々が『エイリアン』シリーズにたどり着くのは、ひょっとしたら4作目になるかもしれないね」

スコットはどのようにして異星人、通称ゼノモーフ(オリジナルシリーズのエイリアンの生物形態)が誕生したのか、そしてその創造主の目的について、映画『プロメテウス』でどのように説明し、可視化できるかを分析し続けた。

「私は常々、エイリアンはある種の細菌戦の類だと思っていた。私がクロワッサンと呼んでいるあのオリジナルの宇宙船は、破壊が全てであるバイオメカノイド(人間と機械が混合したもの)たちを保有する戦艦だと思っていた」と彼は語った。

映画『プロメテウス』シリーズの一方で、米FOXもニール・ブロムカンプ監督と共にまた別の『エイリアン』続編を制作している。この続編は『プロメテウス』シリーズの終着点よりはるか後世を舞台とし、エレン・リプリー(シガニー・ウィーバーが演じた役)の話に焦点を当てている。映画『プロメテウス』続編は2017年に公開予定。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。