ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】『ザ・リング』の新作、2016年に公開延期へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の人気ホラー映画をハリウッドでリメイクした『ザ・リング』シリーズの最新作『Rings(原題)』が公開延期となった。

米パラマウント・ピクチャーズは、11月13日に公開予定だった『ザ・リング』シリーズ3作目の公開日を延期することを発表した。まだ具体的な新しい公開日は発表されていないが、2016年の1月から3月の間になりそうだ。

このスケジュール変更は、パラマウントの他の新作映画の公開日の影響によるものだ。ノンフィクション作家マイケル・ルイスのベストセラーをもとにアダム・マッケイが監督を務めた『The Big Short(原題)』が予定よりも早い年内公開となり、また、『マルコヴィッチの穴』や『エターナル・サンシャイン』の脚本家チャーリー・カウフマンの新作『Anomalisa(原題)』も第88回アカデミー賞へ向けた賞レースに参加するべく12月末の公開となった。

『Rings(原題)』の当初のスケジュールでは、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの共演作『By the Sea(原題)』やチリの炭鉱事故をもとにした映画『The 33(原題)』、コメディ映画『Love the Coopers(原題)』と公開日をぶつける予定だった。

『Rings(原題)』は、『アルマゲドン・パニック』の監督、F・ハビエル・グティエレスが監督を務め、新人俳優のマチルダ・ルッツとアレックス・ローが出演する。また、テレビシリーズ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の主人公レナード役でお馴染みのジョニー・ガレッキも出演する。以前『The Ring 3D(原題)』とタイトルが付けられていた同作は、シリーズ1作目『ザ・リング』(2002年公開)から13年後の現代を舞台にする設定で、呪われたテープが10年以上もの時を経て再びスクリーンに戻ってくることになる。

同作は、ローリー・マクドナルドとウォルター・パークスがプロデュースを手掛け、デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステス、アキヴァ・ゴールズマンらが脚本を担当する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP