ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイカ・ワイティティが『マイティ・ソー』シリーズ第3弾の監督を務める交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイカ・ワイティティが、マベール・スタジオによる『マイティ・ソー』シリーズ3作目『Thor: Ragnarok(原題)』の監督を務める交渉に入っている。

ニュージーランド出身のワイティティは、吸血鬼のパロディー映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』で脚本と監督、インディーコメディ映画『Eagle vs. Shark(原題)』で監督を務めたのに加え、テレビシリーズ『Flight of the Conchords(原題)』の一部エピソードを手掛けた。マオリとのハーフであるワイティティは、米ウォルト・ディズニーの新作アニメ映画『Moana(原題)』でも脚本を担当している。

ワイティティはさらに、2011年公開の『グリーン・ランタン』で、ライアン・レイノルズの相手役のトム・カルマク役を演じた。

ケネス・ブラナーが2011年に公開されたシリーズ1作目『マイティ・ソー』を監督し、アラン・テイラーが2013年公開のシリーズ2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の監督を務めた。1作目『マイティ・ソー』は全世界で4億4900万ドルの興行総収入を上げ、続編となる2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』では、全世界で6億4500万ドルの興行総収入を上げた。

『マイティ・ソー』シリーズの主人公のソーを演じたクリス・ヘムズワースは、タイトルとなっているスーパーヒーロー、ソーとして帰ってくる。トム・ヒドルストンがロキ役として、また、ジェイミー・アレクサンダーもシフ役として再演する予定だ。

『Thor: Ragnarok(原題)』の脚本は、クリストファー・ヨスト、クレイグ・カイルが執筆中だ。ヨストは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも脚本を共同担当した。

ケヴィン・ファイギがプロデューサーを務める『Thor: Ragnarok(原題)』は、2017年11月3日に劇場公開される。

ワイティティは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)とマネージ-メント(Manage-ment)が代理人をしている。

この記事はザ・ラップ(The Warp)が最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP