ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【必見】プロの牛肉生産者が伝授する「美味しくステーキを焼く5つの方法」が凄い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロの牛肉生産者が「美味しくステーキを焼く方法」をYouTubeに掲載し、20万回以上もの再生数を記録している。正直なところ動画は地味で、牛肉生産者のおじさんがステーキを焼くだけなのだが、「余計な演出がないからむしろ真実味がある」と注目されているのだ。

・普通の牛肉がもっと美味しくなる!!
動画に登場するステーキは、いたって普通のスーパーで売ってそうなステーキ用ロース牛肉。プロの牛肉生産者が動画で解説している重要ポイントは3つ。それが以下のポイントだ。

・美味しくステーキを焼く3つの方法
1. 背脂のスジを切る
ステーキ用牛肉の端に背脂がついていますが、その部分にはスジがあります。背脂と赤身の間のところですね。そこのスジを3か所くらい切ります。片面を切ったら、裏返して背面からも切りましょう。

2. 塩コショウは焼く前にかけない
塩コショウを焼く前にかけても、半分くらい焼いている最中に流れ落ちてしまいます。ほとんど意味がないので、焼く前にかけてはなりません。もったいないだけです。

3. 牛脂以外の脂を使ってはいけない
牛脂以外の油を使わないようにしましょう。牛肉には牛脂がいちばんなじむだけでなく、余計な味がつきません。ステーキ用牛肉から包丁で少し牛脂を切り取り、フライパンに塗るようにとかしましょう。

4. 背脂から焼いていく
フライパンがじゅうぶんに熱くなっても、ステーキ用牛肉をフライパンに置いてはなりません。まずはステーキ用牛肉を手に持ち、背脂の側面をフライパンにあてて焼きます。十分に焼けたら、ようやくフライパンに置けます。

5. 赤い肉汁が出てきてもひっくり返すのはダメ
多くの人がやりがちな失敗。それは、表面に赤い肉汁が出てくると、それを嫌がって肉をひっくり返して焼いてしまうこと。そうすることにより、牛肉が硬くなって美味しさが大きくダウンします。赤い肉汁はそのままにして火を止め、30秒放置してから食べると美味です。

・間違った知識でステーキを焼いていた?
どうですか? 今まで間違った知識でステーキを焼いていませんでしたか? ステーキを自宅で焼くと美味しくできないという人は、今回のテクニックを参考にやいてみてはいかがでしょうか?

https://youtu.be/g1ccDLQ43Ss

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/09/steak-recipe/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP