ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギャオス内藤、「ヤクルト山田哲人は球場で見るだけじゃ特別目立つ選手ではない!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「昨日はヤクルト・巨人・阪神の上位3球団が最後の試合を終えました。スワローズのシーズンが終了したことで改めて山田哲人選手のトリプルスリーが決まりましたね。打率3割以上、ホームラン30本以上、盗塁30個以上。ただえさえすごいトリプルスリーなのですが、ホームランを打って100打点に到達しました。成績に”箔”がついたことになりましたね。
 100打点と同時にトリプルスリーを達成した選手は史上3人目とのこと。実に65年ぶりのことです。ギャオスもまだ生まれていませんし、半世紀以上の快挙となります。
 山田哲人選手を球場で見ていても周りの選手と変わりなく、同じ練習をしているのにもかかわらず、打席に入ると最高のパフォーマンスが出せるという選手ですよ。OBTVでも以前話し宮出コーチにあることを尋ねたとき、意外な答えが返ってきました。『バッティングの中でどちらを大事にしてる?右なのか、左なのか。』大体の選手は右か左という答えが返ってきますが、山田哲人は違ったみたいです。『僕は両方です。』と。強いて言うなら右だそうです。宮出コーチによれば『彼は人と違った感性を持っているな』ということを感じたみたいです。
 トリプルスリー達成の前に僕も本人と話しましたが『今は走りたい』と。『盗塁が足りないのでとにかく走って早くトリプルスリーを達成したい』と話していたので、本人の中にもトリプルスリーという明確な目標があったのではないかと思います。
 スワローズを優勝に導く活躍をしてくれたというのは非常に嬉しいです。クライマックスシリーズに勝って日本シリーズに出場できるようにバットで盛り上げてほしいです」

「山田 哲人」の他の動画を見る

「東京ヤクルト」の他の動画を見る

<OBプロフィール>

ギャオス内藤(ぎゃおす・ないとう)
球歴:豊川高 ヤクルト ロッテ 中日
現役時代はパワフルな投球でファンを魅了。ヤクルトでは2年連続で開幕投手を務めるなど、エースピッチャーとして活躍した。引退後は、野球解説者として活動の場を広げている。2013年から昨年まではBCリーグ・新潟の監督も務めた。愛知県出身。右投げ右打ち。投手。本名は内藤尚行(ないとう・なおゆき)。

この記事の動画を見る

■おすすめ記事
史上3人目快挙のヤクルト山田は「球場で見るだけじゃ特別目立つ選手ではない(ギャオス内藤)」。”天才”の素顔をあらためてお届け【OBTVニュース】10/5
【祝V】OBが選ぶ東京ヤクルトMVPは…もちろん、あの人!「彼以外いないでしょう!」。球史に名を残す最強右打者だ!
【OB分析】東京ヤクルトが2年連続最下位から”セ”界王者になれたわけ。成長、覚醒、積み重ね…。全てが重なり辿り着いた頂点

関連記事リンク(外部サイト)

ギャオス内藤、「ヤクルト山田哲人は球場で見るだけじゃ特別目立つ選手ではない!」
ピエール瀧が「自分に酔いしれているストリートミュージシャン」をフルボッコwww
元プロレスラー、スタン・ハンセンの雄叫びは、実は「ウィー!!」じゃなかった!
「スパイ映画は裏切りの回数を数える!」林修先生がスパイ映画『コードネームU.N.C.L.E.』を60秒で完全解説【動画】
TOKIO・国分太一が考案した「人間性を見極める質問」が不思議すぎると話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP