ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

細野晴臣 4年振りオリジナル楽曲「MOHICAN」が沖田修一監督、松田龍平主演映画の主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

細野晴臣のオリジナル楽曲としては4年振りとなる待望の新曲「MOHICAN」が、『南極料理人』、『横道世之介』、『滝を見にいく』などで知られる沖田修一監督の最新作、映画『モヒカン故郷に帰る』の主題歌となることが発表された。細野が映画の主題歌を担当するのは『グーグーだって猫である』の「グッド グッド good good」以来、8年振りとなる。

『モヒカン故郷に帰る』は、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ結婚報告に恋人と共に7年ぶりに帰郷したモヒカン息子と父や母、弟ともに繰り広げる悲喜こもごもあふれるホームドラマ。沖田修一監督のオリジナル脚本で、主演の松田龍平がモヒカン息子・永吉を、昔気質の頑固親父・治を柄本明が演じる。また永吉の恋人・由佳を前田敦子、永吉の母親・春子をもたいまさこ、弟・浩二を千葉雄大という豪華俳優陣が演じる。

今回の主題歌は、沖田監督が以前から大ファンであった細野にラブコールを送ったことから実現。監督とのディスカッションを経て、松田龍平が演じる永吉のモヒカンにインスパイアされた主題歌「MOHICAN」が誕生した。「Daddy、Oh My Daddy おいらは モヒカン」と曲中何度も“モヒカン”のフレーズが出てくるほか、「波に揺られて 船はユラユラリ こころフワフワ 海はキラキラ」という、主人公が故郷に帰る心情を捉えたかのような一節も見られる。

完成した楽曲を聴いた松田は、「島に住んでいるような、浮遊感のある心地の良い曲だと思いました。映画の雰囲気にぴったりで僕も嬉しいです。ぜひこの曲と共に余韻を楽しんで下さい。」と楽曲への想いを語り、沖田監督は「思わず笑ってしまうほど、素晴らしい主題歌を頂きました。細野さんにこの詞を歌わせていいのか、と畏れ多くも嬉しい気持ちでいっぱいです」と語っている。

本日より公開となった映画の特報では、楽曲の一部を聞くことが出来る。

『モヒカン故郷に帰る』特報

映画情報
映画『モヒカン故郷に帰る』 2016年3月広島先行、4月全国拡大公開
監督・脚本:沖田修一(『南極料理人』『横道世之介』)
出演:松田龍平 柄本明/前田敦子 もたいまさこ 千葉雄大
主題歌:細野晴臣「MOHICAN」(Speedstar Records) 音楽:池永正二
©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会  映画公式HP:mohican-movie.jp

関連リンク

細野晴臣 オフィシャルサイト:http://hosonoharuomi.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP