ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京銀座に厳選ワインと旨い肉や魚介類も楽しめる仮住まい的なお店が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「庄や」などを展開する飲食店大手の大庄は、「ワイン食堂 寓 ‐Goo‐(ぐう)」1号店を10月15日(木)、東京銀座にオープンすることを明らかにした。

「寓」は、「身を寄せる」とか「仮住まい」という意味がある。「ワイン食堂 寓」は、厳選ワインと旨い肉をお洒落に楽しむ・味わうをコンセプトとしている。今年4月のオープン以来、人気店に成長した「神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」の妹ブランドという位置づけだ。

高級シャンパンも業界最安値クラスで提供するほか、ワインは3000円前後のボトルワインを中心に、肉料理に合わせて、ジュヴレ・シャンベルタンなどの少し贅沢な気分に浸れるワインも含めて常に約40種類を準備して提供する。

また、気軽にワインを楽しめるように「ワイン飲み比べ4種セット」を1080円で提供。「飲み比べ」では、本日のグラスワイン8種から4種(各60㏄)を選んで味わえ、好みのワインを探したかった人にはぜひ体験してほしいセットになっている。

ワインのほか、希少部位の「ランプキャップ」をはじめ、人気の「牛肩ロース」「フラップミート」「サーロイン」なども提供する。さらに「Fresh生牡蠣プラッター」など新鮮な魚介類も用意。「肉好き」ならずとも、ワインとグルメが趣味の方にはたまらないお店となっている。

ワイン食堂 寓 銀座店は、東京メトロ銀座線銀座一丁目駅からわずか徒歩1分の銀松ビル地下1階にお店を構え、ランチタイム11:30~14:00、ディナータイム17:00~23:00で営業する。

自分の寓になるかどうか一度行って確かめてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP