ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハゲ頭のジョニー・デップが怖すぎ 伝説の犯罪王の実話を描く『ブラック・スキャンダル』予告編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ジョニー・デップを主演に迎え、実話をもとにFBI史上最悪のスキャンダルを描いた映画『ブラック・スキャンダル』(2016年1月30日全国公開)。デップが16年間の逃亡の末に逮捕された伝説のギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーに扮し、FBI捜査官コノリー役のジョエル・エドガートン、バルジャーの弟で有力政治家ビリーを演じるベネディクト・カンバーバッジと共に、白熱の演技バトルを繰り広げる。

ボストンで幼なじみとして育った3人の男たちは、70年代にギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として大きな権力を握るように。本日公開された予告編では、FBIボストン支局に着任したコノリーの「昔のように、俺たちは助け合える」「3人の利害が一致する」というささやきに、「思いのままだ」と高笑いするバルジャーの姿が映し出される。しかし、この絆はやがて、米国の正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌していくことに……。


冷酷な表情で銃弾を放ち、時には息子に向かって「誰かに見つかったら、消せばいい」と自身のギャング哲学を語るバルジャー。9月18日に全米公開され本作は、「ジョニー・デップ、キャリア最高の演技(米ヴァラエティ誌)」、「最高かつ身も凍るような演技(米ロサンゼルス・タイムズ紙)」などと、早くもオスカー候補を有力視される高い評価を獲得している。

近年は突飛な役柄を演じることで注目が集まっていたデップだが、今作では、実在した人物の真実と歴史をどのように語るのだろうか。

映画『ブラック・スキャンダル』予告(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=jaHqN1eBs-M

映画『ブラック・スキャンダル』公式サイト:
www.black-scandal.jp

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP