ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マツコ&有吉の怒り新党』トラウマからの大逆転!「白い雲のように」は有吉が10年ぶりに歌った歌だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『マツコ&有吉の怒り新党』トラウマからの大逆転!「白い雲のように」は有吉が10年ぶりに歌った歌だった!
 7日に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』にて、有吉弘行が少年期に抱いた傷心からの劇的逆転エピソードを告白し、反響を呼んでいる。

 同番組内で紹介された視聴者からの相談は、「名字が『あ』から始まる人は出席番号が1番になりがちで、いつも緊張する役を押し付けられる」というもの。これに対してマツコ・デラックスは「あとの方の人間も待たされてダレるので上手くいかない、真ん中あたりの鈴木や田中がベスト」と回答。

 一方、有吉は「名字が『ありよし』なのにクラスが『あ』だらけで六番目だったことがあり屈辱だった」と、エピソードを紹介しスタジオの笑いを誘った。

 しかし、出席番号が1番だった時には、さらに大きな思い出が。唱歌『勇気一つを友にして』をクラスで最初に歌わされた時、緊張してうまく歌えず、クラス中から大笑いをされた。そのトラウマで10年間、学校ではおろか、カラオケですら人前で歌う事が出来なくなってしまったという。

 その後、初めて人前で歌ったのが、猿岩石時代の大ヒット曲でミリオンセラーにもなった「白い雲のように」だったのだ。

 この意外なエピソードに対してマツコは、「それを聞いた上で曲を聴くと一味違う」と感慨深げ。
 低迷時代からの復活劇といい、有吉は逆転ホームランを放てる何かを持っているのかもしれない。

 これに対してネット上では、「うまいやつの後とかイヤだから一番がいいわぁ」「自分の前に誰か失敗すると緊張が吹き飛ぶよな」「この歌おぼえてる 懐かしいわ」「有吉、今じゃラジオで歌いまくりじゃねえかw公共の電波で」などの声が寄せられている。

■関連リンク
西川貴教のひとり遊び「胸にペンを挟める」
鈴木奈々“やりにくい芸人”を暴露
あの過激ロックバンドが全員…

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。