体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIY初心者におすすめ、ホームセンターで壁紙張り&ペイント体験

DIY初心者におすすめ、ホームセンターで壁紙貼り&ペイント体験

最近、DIYが体験できるショップがオープンしたり、DIY可能な賃貸住宅が増えてきたりと「DIY」を楽しむ人が増えている。けれど、いざ実施するとなると「難しそう」「何からやったらいいの?」と戸惑う人も多いのでは。そこで、DIY初心者でも実践しやすいホームセンターのDIY講座をSUUMO編集メンバーで受けてみた。どんなことが体験できるのか、DIY未経験編集者M(29歳・女)がその様子をレポートしよう。
初心者には生のり付き壁紙が便利、シールのように「ペタッ」で完成

今回お世話になったのは、北関東を中心に約200店舗を展開するホームセンターのカインズ(体験は浦和美園店)。広すぎる店内にワクワクしながら、たどり着いたのは2階にあるDIY styleスタジオ。普段はミニチェアやフラワースタンドづくりといったDIY講座が行われている(DIY style は全国14店舗で展開中、2015年9月時点)。

私たちは、壁紙張りとペイント、ミニシェルフづくりを体験した。教えてくれたのは工芸を専門的に学んだというカインズカルチャー企画室チーフの関(せき)さん。

【画像1】木の板を使って壁紙張りとペンキ塗りを行う。講師の関さん(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】木の板を使って壁紙張りとペンキ塗りを行う。講師の関さん(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

まずは壁紙張りからスタート。机の上には壁紙を張る際に便利な5つの道具がスタンバイ。

【画像2】左からローラー、ヘラ、カッター、カット定規、なで刷毛。手ごろな価格でセット販売されているので初心者にオススメ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】左からローラー、ヘラ、カッター、カット定規、なで刷毛。手ごろな価格でセット販売されているので初心者にオススメ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

最初に壁紙を板の大きさに合わせてカットしていく。今回は裏面にのりが付いていてフィルムをはがして張るタイプの「生のり付き壁紙」を使用した。

【画像3】裏面のフィルムが5cm方眼となっていて変な方向に切ってしまったりしないスグレモノ。しかも、はさみでスイスイ切れる(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】裏面のフィルムが5cm方眼となっていて変な方向に切ってしまったりしないスグレモノ。しかも、はさみでスイスイ切れる(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

壁紙をカットし終わったら、裏のフィルムをはがし、板にぺたっと張る。なんと、これだけ! 壁紙が張れたら、なで刷毛を使い、中に残った空気を押し出していく。中心から外に向かって撫でるのがポイントだ。上下などの余分な壁紙は定規をあて、カッターで切る。のりがふにゃふにゃして少し切りづらいので注意が必要だが、刃が折りたてのカッターを使うと切りやすいそう。壁紙と壁紙のつなぎ目部分はローラーを転がし、押さえつけるとつぎ目が分かりにくくなる。

【画像4】上部のフィルムを少しはがし板に張り、その後、少しずつフィルムをはがしながら張る(写真左)壁紙が張れたら刷毛で力をこめて空気を抜いていく(写真右)(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】上部のフィルムを少しはがし板に張り、その後、少しずつフィルムをはがしながら張る(写真左)壁紙が張れたら刷毛で力をこめて空気を抜いていく(写真右)(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像5】定規をガイドにしてカッターで重なっている余分な壁紙をカット(写真左)つぎ目部分はローラーで押さえつけると左右の壁紙がぴったりとあう(写真右)(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。