ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48ファンが1人で投票権付きCDを5500枚約885万円分を購入 しかし全てはウソだった?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


AKB48ファンは総選挙投票権付きのCDを5500枚購入していたことが『mixi』のコミュニティで発覚した。購入したのは“コウシュ~@監督”というハンドルネームの方。『mixi』コミュニティの大島優子トピックスに書き込みがされており、彼も大島優子のファンとして総選挙で1位になって欲しいと言う願いから投票権つきCDをいくつも購入したようだ。

5月24日(火曜日)から投票が開始されている総選挙は6月8日(水曜日)午後3時で締め切りとなる。開票は締め切りの翌日の6月9日(木曜日)に 日本武道館にて行われる。大島優子は第2回総選挙でも1位となり、多くのファンから支持されている。また今回の第3回総選挙の速報でも現在1位となっている。2位は前田敦子と1位、2位は常連なようだ。

そんな熱狂的な大島優子ファンが投票権付きCD5500枚を購入し全て投票するのだという。

『mixi』のトピックスでも「5,500票も入れられるんですか?」という質問に対して「はい!この日が来ることを前提に、去年の開票翌日から積み立てをしてました」とレスを返している。そしてそのCDで埋め尽くされたCDの数々が凄い。部屋中がAKB48 22ndシングル『Everyday、カチューシャ』で埋め尽くされている。もはやCDとしての価値はなく、投票権としての価値しかないのだろう。

これを見たネットのユーザーは「そりゃ売上ランキング一位にもなるわな」、「こんな枚数どうやって処分すんの?」、「もう投票券だけ同額で売れよ」と書かれている。

一方、『mixi』のコミュニティでは「デマかもしれないので信じないように!」、「5500枚優子に投票したのどう考えても、 相手の戦術みたい」と疑っているようだ。しかしアップされている写真を見ると「2ちゃんねるに カチューシャ5500枚買って並べた優子推しの人間いるぞ写真付きww嘘じゃなかったかもww」と困惑し始めているようだ。

しかしそんなレスに反論するかのように『Twitter(Twitpic)』に「拡散希望」として画像をアップした人がいる。そこに書かれている文章は次の通り。

“中国の優子ヲタが5500票入れることが嘘です
中国の優子ファンです。昨日は「中国の優子ファンが5500票を入れる」という写真がネットで流出することを聞きましたが、実は写真の中のあの人は優子推しじゃなくて、ただのCD転売屋さんです。
その人は私の知り合いで、AKBのファンじゃない。多分いたずらだけでその写真を撮って、ネットにアップしました。
(以下略)”

と5500枚購入し全て投票するというのは転売屋が記念撮影した写真を元に作られた冗談だというのだ。ここまで来ると何が本当で何がウソかわからなくなってくる。事実、過去にはCDを数百枚購入したAKB48オタクがテレビで特集されており、TO(トップオタ)として大々的に話題になった。ネットのユーザーも5500枚購入する人がいてもおかしくないと思ったのだろう。


AKB48は過去にシングル『桜の花びらたち2008』の劇場で販売するCDに44種のソロポスター1枚をランダムで付け、44種類全てコンプリートすると特別イベントに参加できるという企画が行われた。しかしランダムで1枚しかもらえない上に44枚全てそろえるには、計算上で77京1468兆8909億1789万4000分の1という天文学的な数字になるためネットで批判された。また販売期間も3日間の限定だったこともあり、オークションを使わないとほぼ無理だということが判明。この企画は独占禁止法に抵触するとして中止された。

またこのほかにも数々の企画を行っているがファンのお金を消費させる物ばかりで、サービスとはほど遠い物ばかりとの指摘がされている。

今回の投票権にしても1人が数回購入し何回も投票できてしまうシステム自体がおかしいとの指摘がある。あえてそういうシステムにして、何個も買わせているのではと思うくらいだ。

どちらにせよAKB48熱が冷めた時にこの男性はこのときを振り返ってどう思うのだろうか。885万円あったらかなり良い物買えるだろうに……。

※全ての画像を閲覧したい方はこちらからご覧下さい。
http://getnews.jp/archives/118643

画像参照元(Twitpic)


【特典生写真付き】Everyday、カチューシャ(Type-B)(数量限定生産盤)

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP